今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

ファッションアイテムの中でも特にこれが好き!という偏りのある人は多いもの。

女性なら鞄とか、男性なら腕時計とか。男女問わず収集癖を擽られるのは靴、あたりでしょうか。

満遍なくあれこれ欲しいタイプの私は何かに特化はしないけれどもそれでも全体量から考えると靴、鞄のパーセンテージは高めでした。今もやや高め。というか、全所有物に対してファッションアイテムの量が多すぎ。

関連 女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

どうしても小物って多くなるよねえ、なんて思っていたのですが、数だけを考えると私にも思いっきり偏りのあるアイテムが存在しました。




今日捨てたもの

160411lg

  • メガネ

セルフレームのメガネ。10年程前に購入したと記憶しています。

そう、私の偏りとはメガネ。
今でこそかなり絞り込みましたが、一番多かった時は30本以上所持していました。その中でもここ数年最も登場回数の多かったこのフレーム。プラスチックがかなり劣化してきたし、もうそろそろダメかなあとは思っていたのですが、なんと、踏みました。シャワールームで、風呂上がりに。

生まれて初めてです、不注意でメガネ壊したの。

メガネかけたまま寝ちゃって壊したとか曲がっちゃったなんていう話を聞くことはあっても、大事なメガネを不注意で壊すなんて信じられん、と正直なところ思っていました。だって、視力の悪い人間にとってのメガネってかなり重要ですから。いやいや、外してから寝ろ、どんだけ急激な睡魔に襲われてんだよ、と。

それなのに、寝落ちよりさらに乱暴な踏みつけるという行為にて愛用品を破壊してしまった。ショックであります。

悲しいかなメガネ痕が気になるお年頃。

関連 40代は眼鏡か、コンタクトか。

最近はコンタクトレンズの使用も増やしてはいるけれど、長年私の目になってくれていたフレームの最期としては我ながら酷いものがあります。本当にごめんなさい。

誰にでも似合う、は存在するか

さてたくさん持っていたメガネですが、その中でも日常的に使っていたのは結局のところ3~4本でした。

30過ぎてコンタクトレンズを使い始めるまではメガネ一辺倒だったので、毎日掛け替えても1ヶ月間のバリエーションがあるコレクションは楽しかったのだけど、まあそんなに日替わりにはできないんですね。洋服とかメイクとか髪型との相性もあるし。そもそも持っているのがかなり個性的なデザインのフレームばかりだったからでもありますが。

もちろんたくさん持っている利点もあって、一番は傷みが遅いこと。たった1本のメガネを365日使うよりは、何本かをローテーションで使う方がそれぞれの寿命は延びるわけです。これはメガネに限らず、服でも靴でも同じですね。

が、せっかく延命したフレームをずっと使い続けられるかというとそうでもない。洋服ほどのスピードではないにしても、メガネのデザインにも当然トレンドがあって、それに乗っかったものをたくさん持っていても、結局は数年で使えなくなってしまう。さらには誰にでもどんな服にでも似合うカタチとか色、なんていう定番も存在しないわけで。

そしてメガネって洋服よりも断然購入機会が少ないからか選ぶ力がなかなか鍛えられないのがもどかしい。お店で

「これは定番のデザインだから長く使えますよ」

なんて言われてへえそうかと購入したら全然トレンドアイテムだった、なんてこともありますからね。さらに顔面のど真ん中にくるものだから主張も激しいというなかなか厄介な代物でもあります。

 

メガネの形、トレンドは巡る

ざっと思い返してみても、80年代あたりは上下幅大きめのボストンが主流で90年代に入ったあたりが顔の印象をあまり変えないオーバルのツーポイント。その後アクセサリー的にメガネを選べる時代が来て、カラフルなプラスチックのスクエアとか逆ナイロール、女性には細身のフォックスタイプが人気だったような。その後ボリュームのある黒のセルフレームのビッグウェーブが来て、ここのところは細身のウェリントンとかセルブロウナイロールなどクラシックなタイプが強い印象。

メガネもファッションの一環なので、結局は流行りの形も巡るんですよね。最近の流れは80年代のそれと近いもの。

服と同じくトレンド無関係に自分の好きなものを選べればそれでよし、なんだけど、いかんせん顔はどんどん変わっていくからしっくりくるフレームもその時々で変わるのもまた事実。デザイン云々よりも使用感を重視したいとか、そろそろ遠近両用が欲しいとか、いろいろあるしね。

さて、日常使いのフレームをなくしてこれからどうしましょう。

今新調するならば軽いフレームがいいのでリムが細いボストンあたりが気分かなあと思うのですが、今でも普通に使えるのに全然使ってないフレームがあるのでね。服と同様、新しいものを導入せず今あるお気に入りを使う作戦でいきましょうか。

ミニマリストの持たない暮らし

なぜお気に入りがあるのに使ってないのかって?それは、度が合っていないから、それだけです。レンズを新調するのが面倒で放置していたというこれまた情けないお話でした。

まずは一番使い回しのききそうなプラスチックフレームに新しいレンズ入れてくるかな。

 






関連記事

By: Taiyo FUJII

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

whichdoyoulike

選択肢過多(Choice Overload) 多くの候補から選べるのが幸せ?

最近読んだ本の中で「選択肢が増えすぎるとストレスが増し、幸福度が下がることがある」という記述

記事を読む

By: borosjuli

晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか。

By: Y'amal[/caption] 先日壊れた傘を処分しました。 関連 5月1ヶ

記事を読む

By: Spixey

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

MacBook Air '11

キーボードカバーの必要性と耐久性 2代目。

どうせまた1年くらいでダメになるだろうから、来年の今頃また同じ検証をしましょうね。 そ

記事を読む

award

年間ランキングを眺めて2014年を振り返る。

12月もそろそろ中盤戦、ということで年末っぽい話題をシェア。 Amazonの年間売上ラ

記事を読む

By: Sandra Cohen-Rose and   Colin Rose

秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

By: Sandra Cohen-Rose and Colin Rose[/caption]

記事を読む

By: RestrictedData

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

By: Evil Erin[/caption] もうそろそろ毎日ギョサンでいいよね、という季

記事を読む

By: Pictures of Money

持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

By: Pictures of Money[/caption] 服は全然買わないし、毎日モサ

記事を読む

doublewindow.min

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

鶏肝煮献立
鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいな

moalboal_2016_42
自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年

→もっと見る

PAGE TOP ↑