今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

のんびりしていたらもう3月半ばじゃないか。
そろそろ準備しなくちゃね。

ということで、旅に備えてスニーカーを購入しました。

といっても、今まで持っていたものがへたってしまったので新しいものに買い換えただけ。よって出て・入って、で、持ち物の数としては減ってません。プラスマイナスゼロです。

参考 ミニマリストの秋の靴。

以前の記事では今度は違うシリーズにしようかななどと書いていたのですが、結局同じものを購入。ちょうど買い換えのタイミングにギルトでコンバースのセールが開催されたのもラッキーでした。




自分の中の定番もの、いつまで使える?

若い頃は今まで使っていたものを使い切ってしまってまた同じものを買い求めるといったことはあまりしませんでした。いつでも新しいデザインのものが欲しかったし、そもそも「定番」に興味がなかったので。
でもこれからはこんな風にダメになるまで使ってもまた同じものを手に入れることが増えるかもしれないな、なんて思いつつふと考えました。

スニーカーって、いつまで履けるのかしら?

別に今から考える必要もないのですが、日本人高齢女性の足元を考えてパッと思い浮かぶのは機能的なコンフォートシューズ。もちろんいくつになっても華奢なヒールを履きこなす方もいらっしゃいますが、毎日のこととなるとそうはいかないでしょう。

スニーカーは楽だからカジュアルなファッションにあわせられるしいつまでも履けるような気がするけど…。いいんだろうか、それで。

40代ファッションにおける都市伝説

ファッションに関してはわが道を貫いてきたつもりの私にも、やはり40代に入って変化が訪れました。
これまではほとんど気にしたことがなかったのに、なんだか突然手持ちの服が似合わなくなったと感じる時が来たのです。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

これが噂に聞く「服が似合わなくなる問題」か、と。都市伝説だと思ってたのに、ホントにあったのか、と。

基本的には「今の」自分に似合うアイテムを身に着けていればいいと考えているけれど、客観的に自分を見れなくて痛々しい若作りをすることは避けたい。しかし人それぞれ似合うものも好みも違うのだから50代はこれ、60代はあれ、なんて簡単に割り切れるものじゃない。

女性はいつから、何をきっかけにスニーカーやパンプスを脱ぎ捨てて「コンフォートシューズゾーン」に突入すればいいんだろう?

50代、60代。この先のほうが、もっと怖い

が、この問いは非常に馬鹿げたものであることはすぐにわかりました。

だって、私の20年後のファッションと、今の60代のファッションが同じはずないもんね。

正直なところ、今の10代、20代の女の子の好みはさっぱりわからなくなりました。かわいらしいなとは思うものの、私が20代の頃の「おしゃれ」の感覚とは全然違っているのは事実。

ということは、私が60代になった時のファッションも、今の60代のそれと異なるのは当然のこと。2010年代の60代が好むスタイルと、2030年代の60代のおしゃれが同じわけがないんですよね。生きてきた時代も、ファッションの経験値も全てが違うんだから。

最新コレクションもトレンドの情報もコーディネイト例もいつでも簡単に手に入れることができるけれど、今の自分に似合う服、必要なものはいつだって自分の頭で考えて選ぶしかない。
そして何を着てもそれなりに魅力的だった若き時を過ぎた40代は、どんな経験をしてきたか、人生で何をどれだけ学んできたかという内面に積み重ねたものが見た目にも強く表れるタームに突入している。

怖い、怖いよ。
見た目を取り繕うだけなら化粧とか服とか注射とか整形でなんとかなるけど(極論)内面は付焼刃って訳にはいかないんだもの。日々是精進。

40代ファッションブログ

なぜか私の周りには聡明で美しい女性が多いので、未熟な自分とのあまりの違いに愕然としてしまうことが少なくありません。が、お手本となる魅力的な人がまわりにいるのは幸運なこと、とも言えます。

40代のコンバースはエレガンスマダム系ファッションを好む同世代から見ればすでに十分痛々しいのかもしれないし、20年後にどんな靴を選ぶのかまだわからないけれど、

「40代にもっと好きなことしておけばよかった、もっと勉強すべきだった」

なんて思うことのないようにしなくちゃね。




おすすめ記事

関連記事

By: Diego Torres Silvestre

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

By: Rennett Stowe

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

By: Kate Ter Haar

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

refoundation

リ・ファウンデーション オンライン買取査定額が確定した。

昨日、使わない香水についてリ・ファウンデーションでオンライン見積を依頼してみました。

記事を読む

By: Hide

3月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Hide[/caption] またまた月初の定例ポストです。 どんどんモノを減

記事を読む

whitecloset

収納がない部屋の収納を考える。

現在、毎日何かひとつづつモノを捨てるというキャンペーン(?)を実施しています。 参考

記事を読む

redcar

田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

根っから都会っ子の私は生まれてこの方都市部にしか住んだことがありません。 生まれも育ち

記事を読む

notebook

持たない生活と鞄の中身。

今日の午後は打ち合わせで青山方面へ。 日中はまだまだ汗ばむ陽気。 けれど夜は肌寒

記事を読む

perfume

今日捨てたもの 8/18 10年以上使ったサングラス。

今月は毎日何かひとつを手放す月間に設定し、日々継続中です。 うーん、いらないものや使わ

記事を読む

By: Kylir Horton

少ない服でもおしゃれがしたい旅の準備・冬。

By: Kylir Horton[/caption] 12月に入ったねえと言いつつものんびり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

By: Maurizio Costanzo
痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連

菜の花とまぐろのごま和え
菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、

nikon
暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連

愛知の酒 奥
愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれ

sudio_8
線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、

→もっと見る

PAGE TOP ↑