海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

公開日: : 最終更新日:2016/06/27 ミニマルライフ, 健康と美容

By: Pete

ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもありました。
今回はなぜか海外生活の長い「女性」と出会う機会が多かったのですが、彼女たちが

「日本へ戻ったらもうあまりモノを持たないようにしたい」

と口を揃えて話していたのがとても興味深かったです。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

海外移住や引越しなど、移動が多い生活をしているとモノを減らしたくなる人はやはり多いのですね。




 

海外在住日本人はどうして化粧をしないのか

モノを減らしたくなる、という意見と同じくらい多かったのが化粧をしなくなったというもの。

確かに、海外在住の日本人女性はナチュラルメイク、またはノーメイクの人が多いように感じます。
なぜなんでしょうか?実際に化粧をしなくなったという女性たちに質問してみたところ

 

  • 日本で働いていた時は周りもフルメイクだったからそれが普通だと思っていた
  • 化粧をせずに外を出歩くなんて考えたこともなかった
  • 日本を出て外見よりも内面を充実させることに時間を割きたくなった
  • 外見で人を判断する文化が薄い地域にいたから
  • いつもの化粧をしていると今いる場所では浮いてしまうから

 

などなど、さまざまな意見を聞くことができました。

ちなみに以前は休日完全ノーメイク派だった私ですが、今は毎日化粧します。日本にいない今でもしています。

参考 「ノーメイク」は、やめました。

もちろん、日本を離れてもいつもきっちり化粧をしている女性もいるのでみんながみんな変化するわけではないですが、やはりその場所、その土地で生きていくに相応しい装いというものは存在します。治安の悪いエリアでゴージャスな装いをするのは危険なように、周りの環境によってメイクやファッションが変化するのはある意味自然なことなのかもしれません。

日本の女の子は可愛い

メイクやファッションについての意見をいろんな女性に聞いた中、長らくオーストラリアで暮らしていた20代の女性の言葉がとても印象的でした。

「オーストラリアで久しぶりに日本から来た女の子と会った時、彼女たちが眩しすぎて愕然としたんです。メイクも、ファッションも、ずっと日本にいる女の子と外見を気にせずに暮らしていた私とはぜんぜん違う。このままここにいたら彼女たちにどんどん遅れをとってしまうんだ、と思ったら早く帰国しなくちゃ、と思いました。」

もちろん、彼女が日本から来た「眩しすぎる」女の子たちに引け目を感じる必要なんて全くないのですが、このままじゃヤバイ!と感じてしまうところはなんだか微笑ましくもありました。なぜなら、彼女には遠距離恋愛中の彼氏が日本にいるから。

「私がここにいる間、日本の可愛い女の子に彼をとられちゃう!」

そんな気持ちもあったようです。

ああ、なんかいいですね、可愛いですね、甘酸っぱいですね。なんて、本人にしてみればそんな暢気なことは言ってられないでしょうけど。

既に40代の私は完璧に美しい人と自分の外見を比べることに意味などないとわかっていますが、20代の頃なら彼女と同じように感じて悩んでいたかもしれません。
そう考えると歳を取るっていいもんだな、なんて思うものの「内面の充実が外見に影響する」年代になってしまっているのも事実。

参考 服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

おしゃれをする、しない。化粧をする、しない。
外見と内面、必要だと思えるどちらかを取ってどちらかを捨てる、なんていう単純な話ではありません。
見た目を美しく保つ努力をしている人の内面は絶対に空っぽなはずないだろうし、内面が充実している人が人を不快にさせるような汚らしい装いをするとも考え難い。

ファッションもメイクも、自分がどう生きたいか、どうありたいのかを表現する手段の一つ。そう考えれば、自ずと周りに流されることのない40代の今の自分なりの心地いいスタイルが定まっていくのだろうと思います。

 






関連記事

By: Alejandro  Pinto

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

white_spring

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

By: Moyan Brenn

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

By: Tammy Strobel[/caption] お正月は帰省して両親宅で過ごすと決め

記事を読む

By: momo

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

By: Vincent Anderlucci

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

By: Jennie Robinson Faber

ほうれい線に攻めのオイルとマスクを使った結果。

By: Mick C[/caption] いやー、妙に不安定ですねえ。 肌の話です。

記事を読む

chopstick

ファスティング(家断食)の記録 その4 ~粗食に大興奮~

以前自宅でファスティング(断食)にチャレンジした時の記録です。 4日目から食事を再開させた

記事を読む

ice1.min

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

現在使っている冷蔵庫はシェアハウスに備え付けのミニ冷蔵庫。ビジネスホテルなんかについてるあれ

記事を読む

mop

シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

By: Haldane Martin[/caption] 現在シェアハウスで生活しているので

記事を読む

By: Ian Ransley

休肝日にはバナナを食べる。

By: Dr. Abdullah Naser[/caption] 思わぬトラブルに見舞われた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

40代ファッション
2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります

芳水 純米カップ
徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶま

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

→もっと見る

PAGE TOP ↑