散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数回目の皮膚科送りとなってしまったわけですが。

関連 皮膚科で受けるパッチテスト 肌トラブルの原因を探る。

これを機会に改めて考えたのは

「人はなぜ、掻きたがるのか」

ということ。
もちろんそこに山があるから登るのだ的な話で痒いから掻いているに違いないのですが、子供ならばともかく大人は掻いた後にロクなことにならないのだと既に知っている。それでも掻くとはこれいかに。




かゆみは掻くと気持ちいい

素朴な疑問を紐解くべく関連書籍などを読んで調べてみたところ、どうやら痒い時に肌を掻くと脳に存在する報酬系なる部分が反応するのだとか。つまりは痒いところを掻けば一種のご褒美的物質が出てなんだか気持ちよくなる、というしくみ。確かに、痒い時に掻けないとイライラするし、掻いたらちょっと気持ちいい。後々後悔するとわかっているのにこの「掻いたら気持ちいい」感覚を知っているから痒みってのは厄介なのですね。
これは余談ですが痒みは手が届くところにしか発生しない感覚だという記述もあってああ、なるほどなと。手の届きにくい足の小指とか背中のど真ん中が痒くなることはあっても、胃とか腸の痒みはそういや感じないもんね。

さて、冒頭にて

「人はなぜ掻く」

などという大風呂敷を広げてはみましたが、痒みの強さも耐性も人それぞれなのでここらへんで早々に風呂敷を畳んで

「私はなぜ掻く」

に変更するとしましょう。

私の手湿疹の原因は現在絶賛調査中でありますが、悪化の元凶は「搔き壊し」であることは明らか。発症しても掻くことさえ我慢して山を越えれば症状が酷くなることはないのです。なのに、掻く。ダメだとわかっているのに、掻く。

これって、実はわかってないのと同じことなんじゃないのかなあ。

一瞬の快楽に身を委ねる

バッグインバッグ

今年の春、長年導入を検討していたバッグインバッグをようやく購入しました。

関連 荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

旅に出るタイミングで使い始めたのですが、以降もずっと使い続けております。この記事のコメントでカワさんに言われてそりゃそうだと納得し、出したら戻すを心がけてみたところなんとか鞄の中ぐちゃぐちゃ族からは脱することができたような。

そして長らく兼任していたぐちゃぐちゃ族の別派閥、引き出しぐちゃぐちゃ族からも足を洗って2年ほどが経過しました。

関連 洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

おかげさまで今のところいずれも再加入の兆しはなし。
これらは意識を変えたというよりも環境、システムを整えることによって改善できた例ですが、ぽいぽいと適当に荷物を鞄に放り込んだり洋服を整列させずに無理やり押し込み続けるというほんの一瞬得られるラクさ、いわばかりそめの快楽を捨て

「本当は私はぐちゃぐちゃ族とは縁切りしたいのだ」

と抜本的対策についてようやく本気で考えたからこそ環境を変えた、とも言えましょう。

本物の「快楽」はどこだ

ラクだから、面倒だから今はやらない。

そんなつまらない目の前の「ラク」に身を委ねることなく、本来の目的を達成するために行動することこそが本物の快楽への近道。そして行動への後押しとなるのは本来の目的の重要性とその魅力を根本的に理解し、さらには腹の底から腑に落ちた状態になること。

関連 機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

「本当は私はぐちゃぐちゃ族とは縁切りしたいのだ」

とようやく納得したのと同様に

「痒いけどこれを乗り越えれば確実に良くなるのだ」

ときちんと理解できればどうにか掻く快楽に引っ張られずにいられるのでは、とここにきてようやく考え始めた次第であります。

遅いわ。
この症状と何年付き合ってきたんだ。

と、我ながら呆れ返る始末ですが、大人になってからはLINEスタンプ顔で斜に構えてハイハイハイハイどうせ治らないんだから何しても一緒一緒ハイハイハイ、という態度だったのも事実。このタイミングで完治はできずとも予防ならできるかもしれないチャンスが改めて巡ってきたのだからどうにかモノにしたいな、と。

書いたからね、もう書いちゃったからね。冷え性とかほうれい線の時とかと同様、書いたってことは宣言したってことだからね?といい感じに自分を鼓舞する2016年・夏。

いえね、ちょっと反省しているのですよ。つらいつらいと言いつつもわかった顔してババンバン的だったこれまでの自分の態度をね。

 




おすすめ記事

関連記事

By: Marcelo Graciolli

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

By: photosteve101[/caption] 先日「勝ち組兄さん」の話を書きました

記事を読む

longhair

ロング?ショート?40代女性ヘアスタイルの悩み。

40歳になったらショートヘアにしよう、とずっと昔から決めていました。 40代に入ると髪

記事を読む

rooftop2

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

By: Patrik Jones

8月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15。

By: Patrik Jones[/caption] 毎月初めに1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

By: Floodwall Project

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

pants

新生活にパンツを100枚。

昔勤めていた頃、転勤ではじめての一人暮らしをすることになった後輩(26歳・男性)が 「

記事を読む

armond

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

skirt

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

cebu-driver_2

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カレイのゆず昆布蒸し
カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料

Aurora Soho ブランチ
エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイ

NY ホテルエジソン ツインルーム
まずはモノを減らせ、は万能ではない。

「部屋、キレイでしょ」 思わずそう口に出していました。

鶏もも肉のパリパリ焼き献立
鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

→もっと見る

PAGE TOP ↑