嵐のよるに。

公開日: : 最終更新日:2016/04/17 生き方と考え方, 食べること

大型の台風が猛威を振るっています。
みなさんどうか十分にお気をつけ下さい。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合う確率も増えていきます。

私も20代で経験した震度7の地震をはじめに、各地で大地震に遭遇し、海外生活をしている時に今世紀最大といわれた台風も経験しました。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

災害にあう度に感じるのですが、もしかしたら命を落とすかもしれないという場面になると人間は本性が露になるのです。




追い詰められた人間の悲しい行動

もちろん自分の身を守るために自分ができることを全力ですべきではあるのですが、自分が助かりたいがために他人を貶める行動に出る人も少なくありません。

そして、そんな光景を目にした時の悲しさは、あまりにも深い。

こんなことは絶対考えてはいけないのだと頭ではわかっているけれど、懸命に救助作業にあたってくれる消防隊員やいち早く現地に駆けつけてくれたボランティアの人に向かって仕事が遅いだの、要領が悪いだの、自分を最優先しろだのと勝手気ままに怒鳴り散らすような人に遭遇する度に、何故この人が無事で彼女が死ななければいけなかったんだろう、と思ったこともあります。

私の家族はあまり親戚付き合いもなく、仲はいいけどベタベタしない関係なのでお互いの性格をあまり把握していないようなところがあります。
特に父親は普段から自分の考えや感情を表に出さず毎晩だらだらと酒を飲んでいるだけだったので何を考えているのかよくわからない不思議な人だなあと子供の頃から思っていました。

だからこそ、生家で地震に見舞われたときに自らの危険も省みず閉じ込められてしまった近所の人を率先して助けたり、不安で混乱する人たちをなだめたり、勝手な行動に出る人にまっすぐに注意したりする父親の姿に驚きました。

大変な被害が出ている中にそんなことを考えるのもおかしいし不謹慎なのですが、父は意外に頼りになる人物だったのだと思えて少し嬉しかったです。

 

何をすれば自分が落ち着いていられるのか

riceball

それから長い歳月を経た2011年。
「あの瞬間」を思い出す強い揺れで完全にフラッシュバックしてしまった私は猛烈な不安に襲われました。

それでもあの時の経験を活かさねばと最低限の持ち物だけを詰め込んだ鞄を持ち出し、避難所で一夜を明かし、翌朝部屋に戻って割れた食器や散らかった本棚を整理した後、今どうすべきなのか、何をすればこの緊急事態に自分が平常心を保てるのか、散々考えた結果私がやったこと。

それは、おにぎりを握ることでした。

今考えるとかなり滑稽だし、何故そんなことをしたのかよくわからないのですが、モノを買占める人が多発しているのを知って、一人暮らしの自分がこの窮地を乗り切るためにはそんなに多くのモノは必要ないんだと感じたことは事実。とにかく身体が資本なのだから、今持っているものでいつでもエネルギー補給できる体制を整えておこう、と考えたのでしょう。

そして、例えおにぎりという簡単なものでも「料理をすること」は自分を癒す方法なのだと、きっと本能がわかっていたのだと思います。

つらつらととりとめもなく書いてしまいましたが、嵐の夜にはいろんなことを考えます。

とにかく、自分はこうして生き残ったのだから、全力でこの人生を全うしなければ。
日常生活に流されてつい忘れそうになりますが、今ここに存在できていることは奇跡以外の何物でもないのだから。

東京もそろそろ雨脚が強くなってきました。
みなさん、どうかお気をつけ下さい。






関連記事

141230

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

トマトと卵いため献立

トマトと卵の炒めもの、ツナと韮のサラダ。

またしばらく自炊ができない環境になります。 以前は全く自炊ができない生活なんて無理

記事を読む

dogandbaby

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

water

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

160405ienomi6

晩酌献立 白菜のうま煮、塩蛸ぶつ。

白菜ももうそろそろ終了ですかね。 もうちょっと漬物が食べたいので白菜漬けの仕込みは確定

記事を読む

By: Lindsey Turner

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

大根葉と卵の炒めもの献立

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっ

記事を読む

ピーマンの塩きんぴら

ピーマンの塩きんぴら、空芯菜納豆で家飲み。

なんということでしょう。 本日はカレイの煮付けを中心に残り物ばかりで構築した食卓。ゆえ

記事を読む

141024d2

家飲み献立 10/24 鶏と白菜のミルク煮込みで赤ワイン。

TGIF! 今夜は絶対に温かいスープと赤ワインだ!と朝から心に誓って過ごした1日でした。もちろ

記事を読む

かぼちゃと豚肉のにんにく蒸し

かぼちゃと豚肉のにんにく蒸し、小松菜としめじのおひたし献立。

先日に引き続き坊ちゃんかぼちゃの登場です。 関連 白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ツイードジャケットコーデ
ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル

ワンタフトブラシ
40過ぎた大の大人が歯科でまた泣く。

By: Steve Snodgrass[/caption] 今

takamatsu_3
神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高

koishihama_hotate_3
岩手三陸 恋し浜ホタテで贅沢晩酌。

先日、オンラインマーケットスマホアプリ・ポケットマルシェさんに

chiayi-hotel-12
一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に

→もっと見る

PAGE TOP ↑