過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

公開日: : 一人飲み, 生き方と考え方, 食べること

akabane57

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。
一人で過ごす密やかな楽しみとか孤独とはなんぞや、みたいなことを考えるのが殊の外好きなのです。

関連 女性が一人で生きていくのは大変、という勘違い。

基本的には一人でも二人でも大人数でも、それぞれの生活に楽しさや侘しさ、喜び、心労はあるのだから、一人だからいいとかダメとかって単純なものではないよね、と考える派。実際、一人暮らしの私は本日も朗らかに過ごしておりますありがとうございます。

けれど、一人イコール大変、寂しい、と捉える人やそう見える場面が多いことも十分理解しているつもりです。




一人の時間とみんなの時間は別のもの

普段は自宅で一人晩酌に勤しんでいますが、友人知人らと食事を共にすることも少なくはなく。最近は

krea2

上野の韓国料理店で旨味たっぷりの海鮮チヂミや豪快な厚みのサムギョプサルを頬張ったり、

chaina

新宿の上海料理店で大量の唐辛子と共にカラリと揚げられたカエルの唐揚げにむしゃぶりついたり、

japanese

渋谷の和食店のカウンターで旬のつまみをつついて日本酒をちびちびやったりしています。うほほ、ご馳走ご馳走。

中華料理や韓国料理は一人よりも大人数で行くほうがあれこれオーダーできるし、何よりワイワイしながら飲食する楽しさというのはこれ格別。なわけですが、誰かと食卓を囲む行為と一人でひっそり杯を重ねるそれは全くの別物。

関連 一人の時間を楽しめる理由と一人で街を味わう理由。

私にとって、誰かと一緒に食事するときの主役は、あくまで会話。一方、一人のときの中心は酒であり肴。よって、外食、特に飲酒を伴う外食について、一人がいいとか嫌だとかで単純に比較して優劣をつけることなどできません。

そんな話をしたわけではないのですが、友人がレモンサワー片手に

「過剰におひとりさまアピールされると対応に困るんだよねえ」

とつぶやいたのでドキリ。あら、それって私のことかしら、なんて自意識過に反応してしまったのですが、彼女の会社の後輩の話でした。

困惑のおひとりさまアピール

聞けば件の後輩嬢は食事や遊びに誘っても一向に応じてくれず

「私は一人でどこでもいけるし、なんでもできるんで、わざわざ誰かとつるんで行動する必要ないんです」

の一点張りなのだとか。

関連 シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

ああー、今時の若い人はお酒飲まないから飲みニケーション(死語)とか嫌がるよねえ、と思ったら後輩嬢はすでに40代。帰りにちょっと一杯などという文化が理解できない年齢ではなく、実際お酒は好きだと言う。

勤務時間外まで社内の人と一緒にいたくないという気持ちもわからなくはない。でも、ちょっと距離を縮めて話したいとか、上司に叱られて元気がなさそうだから励ましてあげたいな、なんていう場面でも頑なにおひとりさま最高、一人でいたいアピールをされるので困惑する、とのことでした。

あああ、なんかすみません。いや、私の話じゃないんだけど。

おひとりさまに感じる寂しさ

moalboal-restaurant_1

単独行動大好きな私はおひとりさま大好きな後輩嬢の言い分はよくわかるし、もちろん本当のところはわからない。

もしかしたら会社の人たちとの付き合いで嫌な思いをしたからこそそういう断り方をしているのかもしれないし、単に友達が避けられているだけかもしれないし、私同様酒癖が悪いゆえに醜態を晒したくない、といった理由があるのかも。

けれど、おひとりさまアピールを受け続けることを

「誘いに応じてくれなくて寂しい」

とも表現した友人の言葉にああそうか、と。

一人が好きで、それについて他人にどう思われようが気にしない側の人間はそこで完結できるけど、頑なにおひとりさまポリシーをアピールし、貫くことで近しい、そして少なからず自分に関心を持ってくれている誰かに寂しい思いをさせる場面もあるのか、と。

もちろん、自分の気持ちを差し置いて、犠牲にしてまで誰かの要望を聞き入れる必要はない、というか無理。

関連 気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

一緒にいるのがただただ辛い人の誘いに無理して応じることはできないけれど、嫌い、とまではいかないならば、おひとりさま至上主義でもたまにはうっかり誘いに乗るチャレンジ精神は持っていたいなと改めて考えたのでした。

人と関われば痛い目をみる

誰かと時間を共にすることが「チャレンジ」って大げさな、とお思いでしょうか。
いやいや、私のようなもじもじ型の人間にとってはこれが結構な高さのハードルなんですよ。でも、だからこそ得られる果実的なものもあるわけで。

例えるならば年がら年中ツアーだらけのバンド活動はキツくても、たまのセッションなら気負いなくやれるよね、という話。
ソロ活動ではありえない面倒や息苦しさはあれどそれが一生続くわけじゃなし、えええなに今のリフ、なんでそんなの出てくるの?みたいな発見だって多々あるのだから。

関連 私なら行かない。

寂しい、とつぶやいた彼女の隣で菜の花のおひたしをつつきながらそんな風に考えたのは、孤独大好きおひとりさま万歳の私がここのところ重なった友人らとの会合にてそれはそれは痛い目にあっているからであります。

ミニマリストの持たない暮らし

無論痛みを悦ぶ複雑な癖は持ち合わせておらず、基本的に痛いのはイヤなんだけど、たまに痛い目をみるのもアリだなあと思うことしきりの2017年春。

今もなお胸をチクチクと刺してくるこの痛みについて、書き始めると夜が明けそうなのでまたいずれ。ああ痛い。

 






関連記事

じょっぱり純米

青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。 関連 勝手に

記事を読む

chikaan

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情 2016。

2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸ったものですが。

記事を読む

蒸し鶏 献立

晩酌メニュー 蒸し鶏と白菜の香味だれ、にんじんの塩炒め。

調理自体に手間のかかる要素はないものの、みじん切りに千切りと、カットに少々手間取るメニューを

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

holoholo

表参道 brasserie holoholo カウンターで気軽にフレンチ。

先日は久しぶりの友人と食事に。 密談の会場に選んだのは彼女が気になっているという表参道

記事を読む

油揚げと豆苗の卵とじ

油揚げと豆苗の卵とじ、えのきとしょうがのスープ献立。

子供の頃、たまご丼が大好きでした。 親子丼でも他人丼でもなく、たまご丼。といってもはた

記事を読む

kobefood1608_8

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

141102d

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

By: Hey Paul Studios

自分で選ぶ人生、一人で生きることの意味。

本日は怖いお話をします。 そっち系が苦手な方はスルー願います。 おかげさまで今月は花

記事を読む

moalboal-restaurant_1

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

MIHARA YASUHIRO
ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

週末は所用があり友人と原宿で待ち合わせをしていたのですが、会う

菜脯蛋 切り干し大根入り卵焼き。
菜脯蛋、トマトと新玉ねぎの黒酢和えで晩酌。

先日友人から急に声がかかり飲みましょうということになり、何食べ

taitung_57
大人の学びは無駄ばかり。

サマータイムを導入してからなかなかいい感じです。 関連

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ
エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵

tmt1
お手入れ上手になりたくて。

前回熱を出したのははていつのことだったかしら、と考えてみても思

→もっと見る

PAGE TOP ↑