アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

公開日: : 最終更新日:2017/06/11 家飯, 食べること ,

アッシパルマンティエ

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。

ここ数年一貫してアッシパルマンティエと表記し続けていますがなんのことはない、じゃがいもとひき肉のグラタンのことです。

寒くなるごとに作っているこの料理、今回はなかなかいい塩梅の出来上がりでした、と自画自賛。

勝因は皮、でしょうか。




アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ

アッシパルマンティエとサラダ

はちみつドレッシングのアーモンドサラダ
アッシパルマンティエ

はちみつドレッシングのアーモンドサラダ

はちみつドレッシングのアーモンドサラダ

キャベツ、セロリの葉、にんじんは千切りに、素焼きアーモンドは荒く刻んで合わせます。オリーブオイル、塩、胡椒、酢、はちみつをあわせたドレッシングで和えてしばらく馴染ませたら完成。

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ

じゃがいもは皮ごと水から茹でて皮をむき、潰します。オリーブオイル、塩を加えて火にかけ、豆乳を少しづつ加えて都度馴染ませて程よい固さに調整します。
フライパンにオリーブオイルを引き、みじん切りのにんにく、玉ねぎ、セロリ、にんじん、エリンギを炒め、火が通ったら合挽き肉を加えて塩、胡椒で調味して炒め合わせます。最後に少量のケチャップとウスターソースを加えたら準備完了。後は耐熱皿に肉とじゃがいもを重ね、チーズをかけて焼目がつくまでオーブンで焼いたら完成。

こうして書き出すとじゃがいもとミートソースを別々に準備するのがなんだか面倒に見えますが、和食でも味噌汁作りながら炒めものしたりするんだから手間的には大したことありませんね。これはもちろん赤ワインでしょう。

ローリエを切らしていたのでソースにはケチャップとウスターソースを入れるという暴挙に出ましたが、これはこれでアリですね。塩胡椒だけでもよかったかもしれませんが。

ワインを飲む日のおつまみ

そして本日の発見は何と言ってもじゃがいもの皮の香り。

いつもは皮をむいてカットしてから茹でることが多いのですが、時間があったので皮付きで丸ごと茹でてみると、あらなんということでしょう。鍋からものすごくいい香りが漂うではありませんか。そうか、じゃがいもの皮ってこんなにいい香りがするのか、と改めて実感した瞬間でした。
そのおかげかどうなのか、マッシュポテトがいつもより美味しくできました。オリーブオイルと豆乳というヘルシーバージョンではありますが、満足感は高い。次回からこの方式で作ろう、そうしよう。といっても次回はまた寒くなってからだなあ。忘れちゃうかしら。

そして脇に添えたのは材料丸かぶりの千切りサラダ、これが妙に旨くてですね。

そもそも歯ごたえのあるものが入ってるサラダが好きなので、アーモンドのカリっとした感じとドレッシングが馴染んだ野菜のしんなり感のコントラストが楽しくて。

関連 素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

ほんのちょっとだけど、ドレッシングにはちみつの甘味を加えたのもよかったのかもしれません。近頃チョップドサラダってのをよく見かけるようになりましたが、あれもこういうことだよね。いろんな食感が混ざって楽しいという。ただわたくしはチョップする忍耐力を持ち合わせていないのであります。千切りで精一杯。

冬場はあんまりサラダ気分が盛り上がらないけれど、春は生野菜もガツガツいきたいですね。

 






関連記事

蒸し鶏ネギソース

家飲み献立 蒸し鶏ネギソース、白菜とベーコンのスープ。

安くなってきたのではしゃいで購入した白ネギが大量にあります。 「大量」といっても普通に

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

141208d4

秋鮭とキャベツのしょうが蒸し、なめこ豆腐 一人晩酌 12/8。

ネットで注文していて本日到着する予定だった日本酒が届いていない。 うう、一旦帰宅してか

記事を読む

momen

一人暮らしの家飲みメニュー 7/9 門前仲町「浅七」を想う炒り焼き豆腐。

  今日は遅くなってしまったので夜は簡単に済ませました。簡単に、とはいっても

記事を読む

141113d5

家飲み献立 11/13 三つ葉と揚げの卵とじ他全5品で晩酌。

今に始まったことではありませんが、最近妙にお腹が空きます。寒くなってきたからでしょうか。

記事を読む

141021d6

家飲み献立 10/21 豚と白菜のかさね蒸し、ニラだれ温奴など。

私の趣味のひとつにご近所店舗パトロールというのがあります。 これは帰り道に点在しているスー

記事を読む

soft-cream

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

真澄純米吟醸辛口生一本

長野の酒 真澄 純米吟醸で晩酌 甘くないだし巻き染めおろし、きくらげと大根の和えもの。

甲信越地方コンプリート! 北海道、東北、関東、甲信越とコマを進めています。 関連

記事を読む

thaisoup

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、豆苗と卵の炒めもので晩酌。

先日に引き続き鯖缶メニューです。 鯖の水煮缶詰は割と大きめのタイプが多いので一食で全部

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

チェンマイ 瞑想
仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理

塩手羽大根献立
塩手羽大根、ピーマンの卵炒め献立。

寒くなったりマシになったりの気候に惑わされているうちに、もうそ

aomonoyokocho15
非常時の備え、普段使いをスライドする。

住環境に恵まれていることもあり、普段から食材のストックはほとん

arakawa47
酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き
豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとか

→もっと見る

PAGE TOP ↑