鶏レバーソテー、じゃがいものクリームチーズ和えで赤ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏レバーソテー

週末ワイン復活の兆しです。

寒いし久しぶりにグラタンでも焼こうかしらと考えるも妙にレバーが食べたくなる。
ふわっと茹でてペースト的に行くか、いやでもその方向なら白ワインがいいよねえ、と悩んでまたまた赤ワイン味×赤ワインに落ち着きました。

そして久しぶりにはちみつを購入。

白砂糖を常備していないのではちみつがあれば普段も何かと使えるかもしれないなあと今更ながらに考えています。




鶏レバーソテー、じゃがいものクリームチーズ和えで赤ワイン

鶏レバーソテー、じゃがいものクリームチーズ和えで赤ワイン

  • ベビーリーフのサラダ
  • じゃがいものクリームチーズ和え
  • 鶏レバーソテー

鶏レバーのソテー

鶏レバーソテーレシピ

綺麗に掃除した鶏レバーを一口大に切り、強めに塩胡椒してオリーブオイルをひいたフライパンに入れて全面に焼き色をつけ、予め赤ワインとはちみつ、うすぎりのしょうがを合わせて煮詰めておいた鍋に投入して煮からめます。砕いた粒胡椒を振って完成。

付け合わせには蒸してから潰したじゃがいもが熱いうちにクリームチーズを混ぜ込んだものを添えて、濃厚×濃厚が魅惑的な一皿に。赤ワインの時はバケットを準備することが多いけど今回は付け合わせがイモなのでナシ。

ベビーリーフサラダの清涼感なんて一気に吹き飛ぶ背徳感溢れるこのメニュー、ワインには最高だけど濃い、濃いよなあ。

本日のメインは「今日の料理」のレシピを参考にしたもの。ワインにはちみつの組み合わせは想像通り甘い仕上がりだけどねっとりしたレバーにこの味付けはいいですね。何より簡単なのがいい。はちみつも買ったしこれはまた作りましょう。

ワインを飲む日のおつまみ

しかしなんか写真がグロいですね。

酒飲みだけど臓物系一切NGな友人がいて、その理由が味や食感ではなくおどろおどろしい見た目や内臓だという事実がもうダメなんだと。

私はモツ系大好きだけど、その気持ちはなんとなくわかるなあ。

今でこそ家でもモツ煮やらボイルドレバーやら砂肝やらを好んで食べていますが、子供の頃は一切ダメでした。見た目もだし、特にレバーは血の臭いとかきめの細かい食感とか味とか全てが無理で。給食でレバー入りクリームシチューという鬼のようなレギュラーメニューが巡ってくるたびに深い絶望に襲われたものです。

なのにあれだけ無理だったレバーが食べられるようになったきっかけは生食だったんですよね。焼肉屋さんで美味しい生レバーを食べてからしばらくは生ならいけるけど火を通したのは無理、という状況だったのが気づけばいつの間にかなんでもどんとこいになっていました。そしてそれ以外のモツ系もむしろ好きになっていたことに気づく。

好みが変わるきっかけとなった生レバー、今はもう食べられませんけどね(遠い目)。

 




関連記事

手羽元と大根の煮物

ぬか漬けリメイク 手羽元と大根の煮物、おつまみ奴。

昨日は騒音で目が覚めました。 寝ぼけた頭でうるさいなあ、でもこの音よく知ってる音だ、なんだ

記事を読む

141015d4

家飲み献立 10/15 塩手羽大根と日本酒。

いやー、困った。これは困ったことになりましたよ。 現在の住まいは天井が高く窓も大きいので、

記事を読む

塩豚とキャベツの蒸し煮

家飲み献立 2/28 塩豚とキャベツの蒸し煮、出し巻き卵。

今日スーパーに行く道すがら、衝撃シーンに遭遇しました。 それは70代と思しき男性が自転

記事を読む

出羽桜 吟醸缶

山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

帰宅途中、あ、家に酒がちょっとしかなかったんだ!ということに気づく休肝日明けの火曜日。 も

記事を読む

moisturechiken

一人暮らしの家飲みメニュー 7/8 鶏レバーのしっとり煮

人間、歳を取ると食の好みが変わるといいます。確かに幼少の頃に好んだ料理を40歳過ぎても食べ続

記事を読む

秋鮭 献立

一人晩酌献立 秋鮭と白菜の酒蒸し、ベーコンと葱のスープ。

秋刀魚が歴史的不漁とニュースになっていましたが、例年と特に変わりない価格で手に入るのはなぜな

記事を読む

141013d4

家飲み献立 10/13 ヤムウンセンとトマトのスープ。

珍しく頭痛がする夜。 多分台風による気圧の変化が原因のような気が。まあ、一晩眠れば治るでし

記事を読む

太白ごま油レシピ

青菜と豚肉のごま油蒸し、きくらげと豆腐の生姜スープ。

随分昔にサンプルの小さい瓶で白いごま油をいただいたことがあります。 ごま油、といえば例

記事を読む

蒸し鶏ネギソース

家飲み献立 蒸し鶏ネギソース、白菜とベーコンのスープ。

安くなってきたのではしゃいで購入した白ネギが大量にあります。 「大量」といっても普通に

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり
和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北か

save my bag missweekender
軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっと

アッシパルマンティエで赤ワイン
アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワ

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

→もっと見る

PAGE TOP ↑