愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

深山

なかなか進まない日本酒ツアーです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

愛知と出会えぬまま近畿へ突入。次は奈良か和歌山かなあと酒屋へ出向くもその辺りの酒は今日も見つからず。めぼしいものがなければ買わずに店を出るのもやぶさかではないのですが、目に入るは生原酒の文字。

北から攻めるルールはどこへ行った、と戸惑いを隠せないまま愛媛の酒をぶら下げて帰宅したのでした。




愛媛の酒  深山 特別純米 限定直汲み生原酒

愛媛 深山

深山はみやま、と読むのか。蔵元の酒六酒造のサイトはイベント情報以外がメインで蔵の歴史などの記述は皆無。よって愛媛県酒造協会のサイトをチェックしてみます。

参考 酒六酒造株式会社(愛媛県酒造協会)

水は内子町の水源となっている小田深山(おだみやま)の伏流水を使用し、その澄んだ水質からすっきりと爽やかな口当たりの日本酒を醸しています。

なるほど、それでみやま、ね。納得しました。
辛口純米酒至上主義の私にしてはちょっと珍しい甘口の酒ですが、たまには変わり種にもチャレンジしましょうかってことで。

生原酒ということでまずはひやで一口。甘くて濃い。
普段はすっきり切れ味のいい辛口純米ばかり飲んでいるせいもあって、うわあ甘いなあと感じます。甘い、といってもそこは日本酒なのでもちろんベタベタした甘さじゃなく酸味もあり旨味は濃い。ぬるめにお燗してもいい感じでした。こういう日本酒だからこそ引き立つ肴ってのもあるはずなので今年はそのあたりのバランスも考えて献立を立てられるようになりたいなあと思っています。そうなると何種類かストックが必要になるのが悩ましいところなんだよねえ。

愛媛の酒 深山特別純米 限定直汲み生原酒 データ

蔵元 酒六酒造(愛媛県・内子町)
種類 特別純米酒
精米歩合 60% (愛媛県産 松山三井)
日本酒度  -4
酸度  1.4~1.8
アルコール度  16度

 

塩鶏もつ煮、水菜の浅漬け献立

塩鶏もつ煮、三つ葉と揚げのおろし和え献立

  • 水菜の浅漬け
  • キャベツの塩昆布和え
  • 三つ葉と揚げの煮浸し
  • 塩鶏もつ煮

水菜の浅漬け

水菜の浅漬け

水菜を塩水で軽く揉んでそのまま一晩漬けておいたもの。しゃくしゃくあっさりした箸休めです。

キャベツの塩昆布和え

キャベツの塩昆布和え

寒いと生野菜を食べる気がしない、と言っていたのですが、ラストに真ん中の柔らかい部分が残ったのでいつもの塩昆布和えに。ちぎったキャベツに塩昆布をのせゴマ油をまわしかけるだけです。

水菜と揚げの煮浸し

170119_ienomi6

こちらは先日の残り物

塩鶏もつ煮

鶏塩もつ煮

鶏もつは洗って血合いを取り除くなど下処理して一旦さっと茹でます。その後さらに汚れを取り除いてから調理開始。鶏もつ、昆布、薄切りにしたしょうがとにんにく、塩、酒、水を入れて火にかけます。途中でにんじんと下茹でしておいた大根も加えてさらにコトコト煮込んで一旦冷まし、食べる前に再度温めます。さらしネギと黒七味で仕上げ。

しょうゆや味噌を使ったしっかり味のもつ煮もいいけれど前にお店で食べた塩もつ煮、野菜たっぷりで美味かったよなあ。と思い出しつつ真似してみたらかなり近い感じにできました。外で食べたのは豚もつだったんだけど、たまたま美味しそうな鶏もつを発見したので本日は鶏バージョンで。今回使ったもつはハツときんかんですが、もっとがっつり食べ応えが欲しい場合はもも肉あたりを入れてもいいかも。

おつまみレシピブログ

もつ、とくれば酒はなんなんでしょう。焼酎とかチューハイですかね。でも私、もつ焼き食べに行ったら最初にもつ煮と熱燗頼む派なので家でこの組み合わせが楽しめるのは嬉しい。

まあこの手の煮込みは大きい鍋にドカンと作るからこその美味しさがあるので同じものを延々食べ続けるのが苦手な一人暮らしの晩酌には不向きなんですが、小鍋で作ってもそれなりに楽しめるとわかったのは新たな発見でした。何より、材料入れたらあとは火にかけるだけ、の煮込み料理らしい簡単さはありがたいね。

 




関連記事

R0020420.min

鍋ひとつで料理 8/17 塩豚とキャベツのポットロースト

夏休みも今日で終わり。 明日から通常運転という方が多いのでしょうか。 毎日が仕事

記事を読む

厚揚げ 献立

晩酌おつまみ 9/18 厚揚げと葱の香味しょうゆ炒め、ベトナム風なます。

余っていた厚揚げをまたまたシンプルに焼いて食べようか。 と考えていたのですが、少々変化

記事を読む

満寿泉純米

富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

ここのところ東を攻めていたのですが。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 関東勢で残る

記事を読む

140902d.min

家呑み献立 9/2 さばの水煮とちょこちょこ小鉢。

  うーん…。 スカッと晴れたけど、やっぱりもう30度超えはないのかしら。

記事を読む

tainan_22

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

大根の温サラダ 献立

大根とひき肉の温サラダ、焼きとうもろこし。

7月最初の晩酌。 昨日に引き続き夏らしいビジュアルの晩酌メニュー...と言いたいところ

記事を読む

蒸ししゃぶ献立

蒸ししゃぶ、焼き甘長献立。

引越しして以前より調理環境が良くなりました。冷蔵庫も大きくなったので、冷凍だってできちゃうん

記事を読む

太白ごま油レシピ

青菜と豚肉のごま油蒸し、きくらげと豆腐の生姜スープ。

随分昔にサンプルの小さい瓶で白いごま油をいただいたことがあります。 ごま油、といえば例

記事を読む

すっぴんるみ子の酒

三重の酒 すっぴん るみ子の酒 9号酵母で晩酌。鰤と小松菜の梅昆布蒸し。

またまた日本酒に強い酒屋を発掘しました。 これでますます日本酒ツアーが快適になるという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり
和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北か

save my bag missweekender
軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっと

アッシパルマンティエで赤ワイン
アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワ

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

→もっと見る

PAGE TOP ↑