滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

喜楽長 辛口吟醸

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

あ、三重も近畿地方になるんだっけ。

三重とか滋賀ってどの地方に属するのと考えるのか微妙なところがありますよね。滋賀は関西色が強い気もするし、実際にお住いの方はどうなんでしょうか。もちろん、県内でも地域によって違うでしょうけれど。




滋賀の酒 喜楽長 辛口純米吟醸

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒は喜楽長の辛口純米吟醸。水色の瓶は夏の晩酌にぴったりといった感じ。

参考 喜楽長 会社沿革(喜多酒造株式会社)

初代の喜多儀左ェ門が酒造りを始めたのは、文政3年(1820年)のことでありました。当時は屋号を天満屋と称し、近隣の農家より米を買い受け、酒を造り八日市の周辺で酒を売っておりました。以来、酒造業を代々受け継ぎ、180余年。『喜楽長』という銘柄は、お客様に喜び、楽しく、酒を飲みながら、長生きをしていただけるようにと、念じつつ名づけたとのことであります。

喜楽長、いい名前ですな。私も楽しく酒を飲んでいます、長生きのほうもそれなりに頑張ります。

さて美しい水色の瓶についた水滴を眺めながら冷たいままで一口。辛い。
純米吟醸なのだけど香りは弱め。口に含むとまろやかな風味は広がるものの、後口がキリリと辛い。いや、キリリどころじゃないな、ガツンと辛い感じ。これは食中酒にいいですね。今これを書いていて初めて知ったのだけど、アルコール度はやや高め。肴があればするする入ってしまう酒ゆえに少々注意が必要になりそうです。怖い怖い。

滋賀の酒 喜楽長純米吟醸 データ

蔵元 喜多酒造場(滋賀県・東近江市)
種類 純米吟醸
精米歩合 55%  山田錦
日本酒度  +14
酸度  1.6
アルコール度  17〜18度

 

油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え献立

油揚げの甘辛煮献立

  • ぬか漬け
  • キャベツのうま煮
  • ししとうとちくわ炒め
  • 豚肉の梅しそ和え
  • 油揚げの甘辛煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根、にんじん、オクラ。

キャベツのうま煮

キャベツのうま煮

豚肉の茹で汁に塩、胡椒、しょうがの薄切りを加えキャベツをくったりと煮て最後に水溶き片栗粉で強めにとろみをつけます。

ししとうとちくわ炒め

ししとうとちくわの炒めもの

ちくわとししとうをごま油で炒めしょうゆで味付け。ちくわに塩分があるのでしょうゆは控えめが吉。

豚肉の梅しそ和え

豚肉の梅しそ和え

さっとしゃぶしゃぶした豚薄切り肉を酒で伸ばした梅肉と千切りの大葉で和えたもの。茹で汁はキャベツのうま煮に流用。

油揚げの甘辛煮

油揚げの甘辛煮

油抜きした油揚げを昆布と鰹でとった濃いめのだし汁にみりんを加えたもので煮ます。途中でしょうゆを加えてさらに煮含めて一旦冷まして味が染みたら完成。黒七味を振って。

油揚げをメインで食べましょう、というときはそのまま、もしくは納豆やチーズ、ネギを挟んで焼くパターンが圧倒的に多いのですが、たまには甘辛く煮てみようかなと。このままうどんやそばに乗せるのもいいけれど、辛口の日本酒と合わせるのもなんともいい感じです。

日本酒にあうおつまみレシピ

ちょっとたんぱく質多めだったかしら。でも、日本酒がより美味くなるアテばかりですっかりご満悦。最近益々簡単なものしか作らなくなってきているけれど、簡素なりに充実した家飲みライフを送っています。部屋でのんびり杯を重ねる楽しさよ。






関連記事

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、豆苗のおひたしで家飲み。

帰りが遅くなった日の晩御飯は通常時以上にさっさと用意したくなります。 準備が面倒、とい

記事を読む

豚肉ときくらげの炒め物

豚ときくらげの卵炒め、トマトと三つ葉のサラダ。

小学校の時、初めての調理実習のメニューは「野菜炒め」だったような気がする。 「炒める」

記事を読む

牛肉とれんこんのしょうゆ炒め

牛肉とれんこんのしょうゆ炒め、葱塩奴で晩酌。

秋刀魚が出始めるとああ秋だなあと妙に実感が湧きますね。 秋刀魚、大好物です。 関連

記事を読む

140912d

家飲み献立 9/12 茹で塩豚の香味だれ。

なんか静かだなあと思ったら、金曜日なんですね。 シェアハウスの週末は、若い人がみんな出かけ

記事を読む

ベジブロスの味噌汁

鶏もも肉のソース焼き、ベジブロスの味噌汁 家飲み献立。

昨年から週に一度の休肝日を設けています。 関連 続ける、やめる。習慣を変えるための簡単

記事を読む

ハリハリ鍋

鍋で家飲み ハリハリ鍋。

ここ数日妙に暖かい日が続いていましたが、そろそろあれですね。 鍋の季節です。 昨

記事を読む

白ワイン

ワインで家飲み きのこのオムレツ。

ちょっと久しぶり? な感じの週末ワイン。 ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいば

記事を読む

160617ienomi_7

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

たたきこんにゃくのしょうが焼き 献立

家飲み献立 3/21 たたきこんにゃくのしょうが炒め、三つ葉のサラダ。

さあ、どんどん夕食のメニューが怪しくなってきました。 極端に緑が多い色合いの悪さは毎度

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ヤムウンセン献立
ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。 関連 あ

hat
帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のよ

焼きなすとツナのおろし和え
焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきび献立。

夏野菜連打の夏祭りです。 本日はなすをメインに据えました

move
ホーム画面の謎。

By: raneko[/caption] ずっと不思議に思って

とうもろこしの唐揚げ、甘長の焼き浸し献立
とうもろこしの唐揚げ、甘長唐辛子の焼き浸しで晩酌。

わあい夏だ、ビールだ、ビール! そんな私の心の叫びが聞こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑