じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,

じゃがいもカルボナーラ

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。
パスタ、なんですが。

多分このブログを書き始めてから一度も登場したことがありません。嫌いなわけじゃないんです、むしろ、好きです。

パスタは出来上がった瞬間に食べたい派なので皿に盛り付けて片付けをしてから食べる、という現在のスタイルに合わない、というだけの理由なのです。あ、キッチンでそのまま貪り食うという手ならありますね。

さて、パスタは伸びるがじゃがいもは伸びない。ということでじゃがいものカルボナーラをワインのお供にしました。




じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン

じゃがいものカルボナーラ

  • トマトとオリーブのサラダ
  • ピミエント・デ・パドロン
  • じゃがいものカルボナーラ

トマトとオリーブのサラダ

トマトとオリーブのサラダ

くし切りにしたトマトとアンチョビ詰めオリーブをレモン汁とオリーブオイルで和えただけのシンプルなサラダ。オリーブとアンチョビの塩気があるので塩は足さずに。

ピミエント・デ・パドロン

ピメント・デ・パドロン

ピミエント・デ・パドロンとかカタカナ並べてますが、平たく言えばししとうの素揚げです。オリーブオイルで揚げ炒めしたししとうに粗塩を振るだけというスペイン旅行でどハマりしたバル料理、塩はゲランドを使いました。超絶シンプル、ゆえに山盛り食べられてしまうお手軽つまみです。

じゃがいものカルボナーラ

じゃがいもカルボナーラ

オリーブオイルを入れたフライパンでベーコンをカリカリに炒めたら薄切りの玉ねぎ、潰したにんにくも一緒に炒め軽く塩を振り白ワインで香り付けします。溶き卵、パルメザンチーズを混ぜ合わせたソースをフライパンに投入したら火を止め余熱でとろりとなるまで火を通してから器に盛り、黒胡椒をたっぷり振って完成。じゃがいもにソースを絡めながらいただきます。

ワインの日は必ず美味しいバケットを調達するのですが、本日はメインがじゃがいもなのでパン類はなし。カルボナーラスパゲティとは全く別物だけど、とろりと濃厚なソースの雰囲気はそれなりに楽しめました。赤、緑、黄色と信号機の如き色合いの食卓になってしまいましたが器が小さいからかなんかすごく小食な人の晩御飯みたいに見えますね。実は結構じゃがいもゴロッゴロに入ってるんですけどね。

おつまみレシピブログ

頻繁にパスタを作る環境にあってもカルボナーラって実はそんなに作りません。が、なんか突然食べたくなってしまったのでした。全卵+チーズのみのレシピだと生クリームもいらないし卵白も余らないので気がラクでいいですね。

うん、家パスタはラクなレシピがいいですよ。あ、パスタじゃなかったわ。

 




おすすめ記事

関連記事

okinaan_2

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

161214ienomi_5

蕪と手羽先のしょうがあんかけ、梅えのき納豆献立。

本体はアメリカにおりますが、撮りためていた晩酌献立を。クリスマスとはおよそ無関係です。

記事を読む

手取川冬限定純米辛口

石川の酒 手取川 冬 純米辛口 生 で晩酌 ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し。

丹念なご近所パトロールの成果により、徒歩圏内にもいくつか日本酒に力を入れている酒屋を発見。

記事を読む

kirin_13

その先にある世界観。オフホワイトとのマリアージュを探る夜。

用事ついでに目黒駅周辺を散歩していたわけですが。 関連 権之助坂に酉の市。東京散歩・目

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

160408wine3

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

By: skyseeker

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊

記事を読む

塩豚とキャベツの蒸し煮

家飲み献立 2/28 塩豚とキャベツの蒸し煮、出し巻き卵。

今日スーパーに行く道すがら、衝撃シーンに遭遇しました。 それは70代と思しき男性が自転

記事を読む

Comment

  1. 柴犬LOVE より:

    毎日楽しみに読み逃げしています(笑)
    私も独り身で晩酌派。
    これまでは週末にせっせと常備菜作りに励んでいたけれど、crispyさんみたいにお手軽で超美味しそうなおつまみをちょこちょこ作ればいいんだなぁと肩の荷が下りたような気分です。
    すぐ隣にスーパーがあるのになぜかまとめ買いしていた私ですが、crispyさんのまねっこしてやってみまーす。どんどんレシピ、教えてください。

    • crispy-life より:

      柴犬LOVEさん

      コメントありがとうございます、読み逃げ大歓迎です!

      大量のカレーにカビ生やしたり自作玉ねぎドレッシングを食べきる前に飽きてダメにしたりというさまざまな失敗を経て現在のスタイルにたどり着きました。やってみるとこれが意外に一番ラクだったり。
      実は一番好きなのは飲みながらちょこちょこ作る、なんですけどね。まあそれやりだすとエンドレスで飲み食べ続ける恐れがあるのであんまりおすすめはできませんが。

      レシピというほどの凝った料理はありませんが、参考にしていただけると嬉しいです。そして私も柴犬大好きです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え
キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒

gray's papaya
ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立
キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしば

code1
少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑