アッシパルマンティエで赤ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

160320wine3

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。

とふと思い立ちじゃがいもを購入。あつあつほくほくのじゃがいもとひき肉の重ね焼きで赤ワインを呑もうという算段です。

アッシパルマンティエはフランス名でイギリスではコテージパイ、アメリカではカウボーイパイと世界各地に似たレシピの料理がある模様。まあ材料が芋にひき肉に玉葱ですからね、ザ・家庭料理ですね。

日本の家庭料理には似た調理法のものはないけど、組み合わせ的に言えば肉じゃがってとこでしょうか。




アッシパルマンティエで家飲み

アッシパルマンティエ

  • 春キャベツのお湯かけサラダ
  • アッシパルマンティエ

春キャベツのお湯かけサラダ

春キャベツのお湯かけサラダ

ちぎった春キャベツをザルに入れ熱湯をまわしかけてしんなりさせたものをオリーブオイルと塩、胡椒、酢を合わせたドレッシングで和えます。

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ

皮をむいて乱切りにしたじゃがいもを水から茹で、柔らかくなったら湯を捨て(※茹で汁は一部残しておく)鍋の中でつぶします。茹で汁、牛乳を加えながら滑らかにつぶし、最後に塩胡椒で味を整えバターを加えてピューレ状にします。

じゃがいもを茹でている間にミートソースを作成。鍋にバターを熱しみじん切りのにんにく、玉葱、にんじん、エリンギ、挽き肉を順に加えて炒め、塩胡椒で調味して赤ワインを注ぎローリエを加えて煮込みます。

耐熱容器に肉、芋、肉、芋と重ねて敷き詰めてオーブンで表面に焼き色がつく程度に焼いたら完成。

今回はソースにも生地にもバターを使用したのでチーズなしバージョン。よって表面の焼き色がちょっと物悲しいことになっています。生地に卵黄入れたり表面にバター塗ったりしたらまた変わっただろうけど、こりゃあんまり食欲をそそられる見た目じゃないね。バターを使った、といっても全体量はたいしたことないので余った種はチーズありで焼こうかな。

ワインを飲む日のおつまみ

ひき肉が牛だったり合挽きだったり羊だったり(今回は合挽きを使用)、ミートソースに入る野菜が違ったりチーズがあったりなかったりと多分家庭によって無数のレシピがありそうなこの料理。私はまだまだアッシパルマンティエ初心者ではありますが、野菜多めで軽め、でも味付けはしっかり目のソースに薄味のじゃがいも生地というコントラストが好きみたい。

何回も作っているうちに確固たる自分レシピが出来上がっていくことでしょう。

こういう料理ってぱっと見はめんどくさそうだけど手間がかかるのは野菜のみじん切りだけ。あとはじゃがいもを茹でている間にソース作りができるし、じゃがいもをつぶしている間にソースを煮込んでおけるし、焼いている間にサラダの準備ができるし、で、意外に作業工程行率のよい一品ではないかと思います。
ほら、揚げ物とか炒め物ってつきっきりになっちゃうから他のことできないもんね。

といいつつも、次回作るのは次の秋が来てあたたかい料理が恋しくなってから、かしら。材料的には旬云々はあまり関係ない料理なんだけどね。

 




関連記事

141018d2

家飲み献立 10/18 ローズマリーチキンに赤ワイン。

料理に合わせて楽しんでいたワインセットもラスト1本になってしまいました。 空ける順序をあれ

記事を読む

140809d

一人暮らしの夜ご飯 8/9 塩豚のソテー。

あれっ?なんで?というような涼しい1日でしたね。 エアコンが苦手なので助かります。

記事を読む

160612ienomi_7

カヴァで家飲み オイルサーディンのオーブン焼き、トルティージャ。

よく晴れた週末の朝。 むくりと起き出してカヴァを冷蔵庫に入れるところから1日がスタートした

記事を読む

野菜だけのスープ献立

野菜だけのスープ、かぼちゃのサラダとワインで家飲み。

ワインにしようかなあ。 今あるのは赤と泡だから、はて、何を作ろうか...。 などと考

記事を読む

納豆入り油揚げ

家飲み献立 2/10 きつね納豆、トマトと卵のスープ。

読みたい本がたくさんあるし、行きたいところあちこちあるし、いい仕事がしたいし、もちろん生きる

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

150721d6

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

tainan_22

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

一人暮らしの家飲みメニュー 5/24 ゴーヤチャンプルー、ピーマンとちくわのナムル。

またか! って感じでゴーヤチャンプルーです。 ゴーヤとかにんじんとか豆腐とか豚肉

記事を読む

thaisoup

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

save my bag missweekender
軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっと

アッシパルマンティエで赤ワイン
アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワ

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

→もっと見る

PAGE TOP ↑