鶏豆腐、セロリ卵の家飲み献立。

公開日: : 最終更新日:2016/09/19 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

春菊たっぷり 鶏豆腐 三州屋 レシピ

今朝は朝から税務署に行ってきました。

いやー、真っ最中ですからね、かなりの混雑。

ちなみに私はWEB上で書類を作成してわざわざ提出しに行く、という半デジタル、半アナログパターン。何故かずっとこの方法に落ち着いています。

しかし、税務署に行くとかなりタイムスリップ気分が味わえますね。ここ数年、税務署くらいでしかカーボン紙なんて使ってないわ…。




鶏豆腐で家飲み

鶏豆腐 献立

  • 柚子白菜
  • 小松菜の煮浸し
  • きんぴらごぼう
  • セロリ卵
  • 鶏豆腐

柚子白菜

柚子白菜 レシピ

ちょっと久しぶり?な気がする柚子白菜。塩もみした白菜を柚子皮、鷹の爪、昆布で漬け込みます。ご飯のお供に、お酒のアテに活躍します。たくさん仕込んでおいたから、またしばらくは楽しめるな。

小松菜の煮浸し

小松菜の煮浸し レシピ

昆布出汁、みりん、塩、そしてほんの少しの醤油で味付けした出し汁で油揚げと小松菜を炊き合わせた煮浸し。青菜ならなんでもこんな煮浸しにできるけど、小松菜で作るのが一番好き。

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

残り物、といか今週の常備菜。しばらく食べ続けます。

セロリ卵

セロリ卵 レシピ

溶き卵を塩と酒で味付けして斜め薄切りにしたセロリを加えて合わせます。後はフライパンに油を熱して卵液を投入、中火で中までじっくりと火を通すだけ。白葱かセロリの葉で作ることの多い卵焼きだけど、今回は中途半端に余ったセロリ茎で。

鶏豆腐

鶏豆腐 レシピ

一晩塩漬けにしておいた鶏肉を一口大に切り、昆布、酒、水と一緒に鍋に入れ弱火でじっくり鶏の出汁を引き出します。スープが出たところで豆腐を加え、最後に春菊を加えて完成。鶏肉の塩が薄い場合は塩少々加えてもいいし、三州屋的にポン酢を添えても。先日購入したばかりの黒七味でいただきました。
今回はめずらしく胸肉で作った鶏豆腐。あっさりさっぱりで美味しいけれど、やっぱりもも肉のほうがぷりっとした食感が楽しめていいかな。

鍋料理、煮込み料理にラストスパートをかけるシリーズってことでまたまた温かい料理を。鶏豆腐の春菊が好きすぎてどっちかっていうと「春菊豆腐」ってくらい大量の緑ですが、まあいいじゃないですか。
この冬は本当にこんな煮物、汁物、鍋物と熱燗のコンビに助けられたなあ。おかげでどうにか越冬間近です。

もうすぐ春だねえ…で気がついたのだけど、この冬牡蠣料理をすっかり忘れてたな。毎年オイル漬けは絶対作っていたのに。まあ久しぶりに三州屋のカキフライは食べられたのでよしとするか。

参考 カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

春を前に温かい料理を、とか言ってるけど、ホントは年中通して温かいものを食べ続けたほうが冷え性改善対策としては正しいのよね。

が、残念ながら今月末から春をすっとばして一気に夏なんだ、私。
ビールを控える自信がないわ、はっはっは。

 

◆ 3/4の「新しいこと」
新しいことを毎日取り入れるキャンペーン実施中)

  • 駅に行くのに通ったことのない道を歩いた

いつも歩いている最短コースと思われる道のひとつ奥まった通りを選択してみたところ、なんと、巨大スーパーを発見。徒歩圏内のスーパーや市場は全て把握していると思っていたのに、こんな近くにまだあったとは…。

 




おすすめ記事

関連記事

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

140824b

ビールもワインも参戦のサンデーブランチ。

お勤め人でもない癖に、日曜日はついつい自分を甘やかしてしまう私。 昼から美味しいお酒を呑む

記事を読む

141219d3

家飲み献立 12/19 レトロドールに赤ワイン。

夕方頃に有楽町にいたので、ふと思い立ってふらふらと東京駅まで歩いてしまいました。 お目当て

記事を読む

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

三つ葉と油揚げの炒め物

晩酌献立 三つ葉と油揚げの炒めもの、大根のスープ。

三つ葉の独特の香りが苦手、という方も多いでしょうか。 香り自体はなかなかどうして強く主

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、オクラ長いもポン酢献立。

青魚食べたい。 最近店先で丸々とした鰺を見かけるたびにそう思っていたのですが、現在の調

記事を読む

141211d3

家飲み献立 12/11 鶏だんご鍋。

余った食材の使いまわしを考えつつ献立を組み立てる。 この作業を深刻に考えてしまうとなんだか

記事を読む

塩味の手羽大根

塩手羽大根、青梗菜の胡麻酢で晩ご飯。

ここ数日、なんとなーく春が近づいている気配が。 まだまだ寒いとは感じるけれど、どうやら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

By: Maurizio Costanzo
痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連

菜の花とまぐろのごま和え
菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、

nikon
暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連

愛知の酒 奥
愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれ

sudio_8
線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、

→もっと見る

PAGE TOP ↑