嫌な中にも好きなことを見つける理由。

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 ファッション, 生き方と考え方

今日から12月。
本格的に寒くなってきたし、真冬の装いスタート時期だよねえ。

などと考えながら今季初のアウターに袖を通しました。

本日着用したのは長年愛用しているローゲッジニット。もうさすがにそろそろお役御免かなあと思いつつも好きすぎて毎年フル活用させている愛用品の一つです。

何せ極度の寒がり&冷え性なので冬は大嫌い。おまけに乾燥肌に悩まされているものだからできることなら冬の間だけは日本を脱出したいと真剣に考えはじめて早数年が経過。

苦手な冬から逃れたい。これも荷物を減らし続けている理由のひとつであります。




嫌いな中にも好きなこと

冬を敬遠する理由は単純に寒いのが嫌い、夏が好き!が一番の理由ではありますが、私のような体質の人間は1年中夏の気候で暮らせたらかなり快適なのです。

関連 アトピーとほうれい線をにわかオイリー肌で改善する。

あああ、にわかオイリー肌カムバック。

寒さを避けるための他拠点生活を諦めたわけではないのですが、諸々の調整がまだまだ必要な状況。来年からいざ、冬よさらば!とはいかないならば、どうにかこうにか冬を楽しむしかありません。

お気に入りの服があれば、こういう時に役に立つ。
冬は嫌だけど、冬しか着れない洋服やブーツなどのお気に入りのアイテムの存在になんだかちょっぴり救われている気がします。

機嫌良く過ごすために自分で今すぐできること

基本的に嫌なことは無理してやらなくてもいいじゃないか、と考えている私ですが、どうしようもないことだってあります。現実問題今年も真冬はやってくるしあと数ヶ月寒い場所からは逃れられない。

毎日が楽しいことだけで構成されていれば何も問題はないのだけれど、残念ながら冬は寒いし肌は荒れる、満員電車は窮屈だし上司は理不尽だし隣人はうるさいし貯金は貯まらないし税金は上がるし白髪は増えるし子供はいうこと聞かないしetc,etc,とまあ自分の力でコントロールできないことのほうが多いこの世の中。

だからと言って不平不満ばかり目の前に並べて勝手にブーブー拗ねていても、悲しいかな状況は好転しないのです。

それならば嫌なことの中にあるほんの少しだけ楽しい要素に目を向けて、今より1ミリでも機嫌良く過ごせる方法を自分の判断で採用するしかない。それが私の冬に関してはお気に入りの服を着て出かけてみる行為、というわけです。その他には冬の味覚を楽しむ、ってのもありますね。あ、クリスマスとか年末年始の街の雰囲気を味わうのは嫌いじゃない。

しょうもないことばっかりですけど、これらは自分の力でできることですからね。

そんなの無理!何もかもが嫌すぎて全てがストレスなのだ!という場合は、その嫌だという感情の裏に隠れているであろう自分がものすごく大切にしている「何か」を探ってみるというお遊びに興じるのもまた楽しい、かもしれません。

関連 ストレスを力に変える教科書 その思い込みは何のため?

などといささか話が大げさになりましたが、冬の到来に身構えてどうにか自分が楽になれる考え方を探ってみました。はい、本当に苦手なんですよ、寒いの。

11月から3月ぐらいまでは暖かい場所に逃亡したいと真剣に考えているけれど、そして世界一周を成し遂げたわけでもないけれど、それでもやっぱり自分にとっては日本ほど住みやすい国はないと感じています。街はきれいだし、人は優しいし、楽しい場所がたくさんあるし、俄然安全だし、食べるものだって美味しいし。

けれど、いろんな場所に住みたい、移動し続けたい、身軽でいたいと考えることはまた別問題。

日本が嫌いだから脱出したい!なんて気持ちはさらさらないけれど、寒冷前線回避計画は今後も諦めずにいたいと思います。

よし、頑張ろ。そして明日も好きな服を着て出かけよう。

 




関連記事

By: David Surtees

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

adventure

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に

記事を読む

By: Diego Torres Silvestre

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

By: Lord Jim

盛らない生き方。

By: David[/caption] 先日いただいたご質問にお答えする記事を書きました。

記事を読む

By: Jose  Losada

大人のシンプルコーディネイト。一番活躍したアイテムは何だ?

By: Jose Losada[/caption] 暑さが盛り返しても空はすっかり秋のそれ。

記事を読む

singlehouse

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は

記事を読む

whitepants

少ない服で秋ファッション(2)家で洗えるレザージャケット。

暑い。 夏の陽気に逆戻りですね。 正直この暑さの中、秋服について書くテンションでもな

記事を読む

airportromance

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

By: Shaun Fisher

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

By: Raita Futo[/caption] 奥さん夏です、7月です。 というわけ

記事を読む

By: Garry Knight

男性の着こなしが笑えない。洋服が好きな人ほど妙なコーデにハマる悲劇。

By: shankar s.[/caption] 先日書店をパトロールしていて、以前ここでも

記事を読む

Comment

  1. rio-ca より:

    はじめまして!いつもふむふむと納得しながら拝読しています。

    冬、寒さが大の苦手な私にとって、今日の記事は「その気持ち分かる!」とさらに大きく頷いてしまいました(笑)

    でも苦手なものを好きになる発想や楽しみに変える工夫、大事ですよね。

    これからも独特の切り口で感じた日常、楽しみにしています。またコメントさせてください^^

    • crispy-life より:

      rio-caさん

      コメントありがとうございます。

      もうなんというか、冬怖い。

      寒さにはどう抗っても勝てる気がしないので、戦わずにどうにかうまくやっていく方法を考えるわけです。同じ毎日、少しでも機嫌よく過ごしたいですもんね。

      余談ですが、私も銀杏の黄色と青空のコントラストが大好きです。

      今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taitung_57
大人の学びは無駄ばかり。

サマータイムを導入してからなかなかいい感じです。 関連

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ
エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵

tmt1
お手入れ上手になりたくて。

前回熱を出したのははていつのことだったかしら、と考えてみても思

トマト黒酢酢豚
トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の

trash
ゴミ箱はいるのかいらないのか。

ゴミ箱を使っていない家庭ってどれくらいあるのでしょうか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑