おばさんのミニスカートは迷惑論。

公開日: : ファッション, 生き方と考え方

おばさんがミニスカートを履く行為は周りへの迷惑を考えれば自重すべきです。

もちろんファッションは元来自由なもの、何を着ようと着まいと個人の自由だけれど、公衆の面前で老いた体を晒すのはいかがなものか、大人なら他者を不快にさせるような格好をすべきではない。

というような語り口で常識とかマナーとか人に迷惑をかけないなんていう正義をかざしつつよくわからない牽制をしあう風潮ってなんなの?というようなツイートを見て、ああ、あるかもと思いました。

ややこしい書き方ですみません。

誰が誰を何の目的で牽制したいのかがよくわからないのが最大の謎だけれど、確かにおばさんのミニスカ肌見せ迷惑論ってたまに聞くよなあと思った次第。




おじさんの褌迷惑論

nishinomiya_16

つい先日のこと、20代の女性となぜか日本の祭りについて語りあっていると

「街中を褌姿で練り歩くのホントやめて欲しい。あんなに露出してうろうろされたら辛い」

との発言があり、おおそういうこともあるのか、と驚きました。

いや、私だって褌男性が特別好物というわけではないけれど、祭りスタイルってそういうものだと認識していたのでこれまで特に褌を疑うことがなかったのです。

が、言われてみれば確かに、平成のうら若き乙女らが日中直に目にするにはややショッキングな扮装ではありますね。いや、夜中に見るほうが余計イヤか。

そんなことがあった数日後、出先で小さな祭りに遭遇しました。
早くから盛り上がっていたのでしょう、酔いつぶれて大股開きで道端に転がっている褌姿の男性の姿にああなるほどなと妙に納得したりして。これが赤ちゃんだったら微笑ましいんだけど、いろいろもじゃもじゃな感じの大人だともはや微笑みは浮かばない。

おばさんミニスカート迷惑論ってこういう感じ?多分ちょっと違う。

牽制ではなく手を汚したくないだけ説

私はといえばもともとスカートが苦手なのでミニスカートなるものに手出しする機会はありません。もちろん褌いっちょで神輿を担ぐチャンスもありません。

でもそれは私の個人的な嗜好によるものであって、人様に迷惑になるから肌の露出を控えねばならないなる道徳心からくるものではない。ミニスカートを履きたい人は履けばいいと思うし、それをみっともないとか年甲斐もなくとか身の程知らずなどと嫌悪するのもまた個人の自由でしょう。そして反ミニスカート派ならば自分は履かなければいいだけの話であって、他者にも脱ミニスカを強要する権利はない。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

いい歳してそんな格好するなんてみっともない、までは単なる意見だからいいとして、だからやめろ、というのは年齢にそぐわない格好をしていることに気付いていない本人へのやさしさなのか、或いは単に自分の常識を押し付ける行為か。そして人様の迷惑になるから、という言い回しは自分の手を汚さずして相手を攻める間接テクニックなのか。私はいいけど、みんなはどう思うかわからないよ的なヤツ。

関連 ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

題材がミニスカートや褌ならばこんなにクドクドと掘り下げるような事柄ではなく、ちょっとした自虐ネタ、軽い冗談で済むのだろうけど、もっと深刻かつ息苦しい牽制もあるよね。とまとめようとしてふと気付く。

実は誰もいませんでした説

sumida_54

確かにおばさんミニスカ迷惑論を耳にしたことがある。と、記憶が肌が知っている。

でもどこで?誰かに直接言われた?と考えてみたら思い出せない。

関連 漠然とした不安の正体は。

そういうのあるよねー、と勝手に自分の脳内で醸造・増幅させただけの都市伝説ならぬ脳内伝説を自ら拡散させている可能性もなきにしもあらず。

考えれば考えるほど脳内伝説はどんどん増えていくのなら、無駄なことは考えない、考える隙を与えないのもこの世を生き抜くひとつの知恵か。

ミニマリストの持たない暮らし

怖い怖い。みんなとか世間とか一般的に、なんて軽く言い放っているストーリーの登場人物は実は全部自分だったりして、という背筋の凍る展開になったところでおしまい。ミニスカートと褌を同じステージに上げるのは無理があったか。

 






関連記事

shoppingscene

今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

お久しぶりの捨て記事です。 基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録

記事を読む

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views

私なら行かない。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

adventure

年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

若い頃にはわからないけれど、歳を重ねたら気づくことって確かにあるものです。 参考 年を

記事を読む

40代女性 カジュアルコーデ

買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

By: dvdmnk[/caption] 手持ちアイテムの魅力再発見キャンペーン、未だ継続中

記事を読む

watch

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

fallleaves

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

horn

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう

記事を読む

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

girlsbe

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

40代ファッション
2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります

芳水 純米カップ
徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶま

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

→もっと見る

PAGE TOP ↑