洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

公開日: : 最終更新日:2015/11/17 ファッション, 生き方と考え方

20代の頃、当時よく通っていたセレクトショップで派手なプリントのストレッチパンツを購入しました。

とても気に入っていたので購入した翌日、さっそく張り切って履いて出かけると、同じ柄のパンツを履いた人をなんと2人も見かけたのです。

別に友達や同僚というわけではなく、単なる通りすがりの人がたまたま同じ洋服を着ていただけだったのですがそれでも妙に気まずく、人と同じ格好をするのが嫌だった私はせっかく買ったそのパンツをそれ以降履くことができませんでした。

あのパンツ、どうしたんだったかな。そのまま履かずに処分したんだったかな。

もう忘れてしまったけど。




説明できない独占欲

オートクチュールでもない限り同じ服を着ている誰かを見かけるなんて普通に起こりうることなのですが、若い頃はそれが耐えられませんでした。

というより、シンプルなものじゃないからこそ着こなしの難易度が高めだろうとチャレンジして買ったつもりだったのにみんな普通に着てるじゃないか!というのが妙に悔しかったのかもしれません。

ああ、若さとはなんと甘酸っぱくも面倒くさいことか。

人と同じはイヤ、という理由で流行りのブランドやアイテムにも極力手を出さないようにして、たまたま好きだったブランドがメジャーになってしまったらなんとなく疎遠になったりも。

これってマイナーな映画とかアーティストが有名になると

「私だけが知ってるはずだったのに売れちゃったらつまらなくなる」

みたいな感覚とも似てるような気がする。謎の独占欲というか嫉妬心というか。好きなものが広まるのは嬉しいはずなのになんだか自分の手を離れてしまうような寂しさ、なんでしょうかね。

「安易に流行りに乗るんじゃなくて、私は自分の道を行く」

と鼻息荒くオリジナリティを極めている気でいたけれど、好きなものを誰かがすでに手にしていたら「好き」な気持ちを捻じ曲げてまで他を選ぶという、それはそれで他人や世間に踊らされまくりの状態でありました。

もう「双子みたい」にはならないと知っている

さて、先週末。同い年の友人と食事をする約束をしていて駅で待ち合わせたのですが、ふと足元を見ると同じスニーカーを履いていました。

「ありゃ、今日色違いじゃん」
「ホントだね。なんかさー、最近スニーカー率高まってない?」
「そうなんだよねえ、ヒール履くのに気合が必要でさー」

ああ、やっぱりか。足腰鍛えなきゃねえ、とかなんとか話しながらスニーカーのふたりはカジュアルなワインバーへ出かけたのでした。

これ、若い頃だったら耐えられなくて早く帰りたくなるパターンだったろうに、もうなんとも思わなくなっていた。

別に年を取ったからなんでもよくなった、わけではなくて、単に気にならなくなっていた。もちろん全身同じコーディネイトだったとしたらさすがにいろいろとおかしいけれど、40代の女性が同じ靴を履いている程度では良くも悪くも

「同じような感じ」

には見えないのがわかっているから気にならないのでしょう。

関連 本当は怖い、定番服。

10代、20代の頃はおじさんおばさんに

「若い子はみんな同じ顔に見える」

なんて言われて憤慨したものだけれど、それは若さという輝きが眩しくて個性が見えなくなっていたのかもしれません。いや、若い人から見たらおじさんおばさんこそみんな同じ顔に見えるのかもしれないけどね。

なんて考えていたら、今となっては説明できないあの妙な独占欲や嫉妬心さえ随分薄れた気がします。
いやはや、大人になるってのはなんとも都合のいいものですね。

 




関連記事

dogandbaby

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

By: Loren Kerns

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

By: Billie Grace Ward

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

By: Mike Mozart

L.L beanのトートを旅のお供に、と考える。

By: Sheila Sund[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が嫌いな

記事を読む

By: Marcelo Graciolli

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

By: photosteve101[/caption] 先日「勝ち組兄さん」の話を書きました

記事を読む

airportromance

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

bluecrystal

2015年の運勢を占う。

12月に入ると来年の運勢占いが雑誌やウェブのあちこちに登場しますね。 そんなことからもなん

記事を読む

By: Manu Praba

母が憎い、娘が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

By: arileu[/caption] 普段は静かな我が町内ですが、珍しく異様に騒がしい夜

記事を読む

watch

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

By: Stephan Mosel

自分を疑え。

By: Kanko*[/caption] 今年やりたいことを紙に書き出しました。 え、

記事を読む

Comment

  1. しょむ より:

    はじめまして!
    ランキングからきました。
    「確かに」と思うところが多く、思わずコメしたくなりました╰(*´︶`*)╯

    確かに昔は人と被るのイヤだったけど、年を取るにつれてその辺り鈍感になった気がします。
    さすがにUNIQLOのTシャツ着てUNIQLOに行ってしまい、全く同じ柄のものが陳列されてる前を通るのは恥ずかしかったですが。。笑

    • crispy-life より:

      しょむさん

      コメントありがとうございます。

      >年を取るにつれてその辺り鈍感になった気がします。

      いやいやいや、20代のうら若き乙女が何をおっしゃいますやら!!
      とは言え、そんな風に感じるのは実は年齢関係なくあくまで個人の感覚なんでしょうけどね。

      今後とも宜しくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

save my bag missweekender
軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっと

アッシパルマンティエで赤ワイン
アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワ

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

→もっと見る

PAGE TOP ↑