コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 ファッション

もうそろそろ毎日ギョサンでいいよね、という季節なのですが。

参考 ミニマリストの夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

今年は冷え性対策を意識して夏場にもスニーカーをやや多めに登場させたいと考えています。外を歩くなら断然サンダルが気持ちいいけど、冷房の効いた室内で長時間過ごすような時は裸足は避けたほうがよさそうなので。
冷え性対策は冬だけやればいいってもんじゃないですからね。

スニーカーは何よりラクだし、現在の自分のスタイルにも合わせやすいので重宝しています。

が、残念ながら問題点もあるのです。




ハイカットスニーカーは足が短く見える

上手く活用できていないアイテムと本気で向き合うキャンペーンの一環で、先日ベージュのペンシルスカートをスニーカーに合わせてみました。

参考 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

が、長年ヒールを愛用してきた身としてはぺったんこのスニーカー、しかも足首が隠れるハイカットスニーカーで足出しとなるとバランスの悪さがすごく気になってしまったのです。

じゃあパンプス履けば?って話なのですが、今はそういう気分じゃないんだよなあ、ていうか、これが現実のサイズなんだよなあ、とがっかり。

参考 股下80cm以上の人を探しています。

そう、私は常にスタイル詐称の女。

スタイルアップインソールに手を出してみた

昔はヒールだからこそ手に入るバランスを常に保ちたくて毎日ヒールを履いていたものですが、今はさすがに無理。たまにはいいけど、毎日は疲れる。

しからばものはためしだ、と、前から気になっていたインソールを使ってみることに。

 

靴にそっと忍ばせることでスタイルよくみせてくれるこの商品。存在自体は知っていて、へえいいじゃん、などと思いつつ、ていうか所謂シークレットシューズだよね?と多少バカにもしていたのです。
しかし背に腹は変えられぬ、ということで4cmのインソールをこっそり導入してみたところ、いやいや、このインソール、かなり使えるじゃないですか。

たった4cmの差で見た目の印象って変わるもんだね。
もっと早くやっときゃよかった。

というのも、今のスニーカーを使う前まではスニーカーというものを殆ど履かなかったので、ぺたんこ靴が辛くて仕方なかった私。ヒールばかり履く人にはおわかりいただけると思うのですが、たまにヒールのない平らな靴を履くと足首とふくらはぎが逆に疲れる、というか。だからといってハイテクスニーカーやヒールつきスニーカーはデザイン的に好きじゃないしなあ、と暫く我慢して履き続けたら結局は慣れちゃったのですが、あの時このインソールを使えばあっという間に問題解決だったなあ。

低反発素材だからなのか、程よいクッション性があって歩くのが気持ちいいのも気に入っています。底が薄いスニーカーって長時間歩くと結構疲れるので衝撃吸収素材はありがたい。

ちなみに私は厚さ4cmのものを選びましたが、靴のサイズや足の形、目指すバランスによって最適な厚さはそれぞれ変わってくると思います。

これで今までできなかったコーディネイトも解禁になる、うふふ。
まあ思いっきり自己満足ですけど、ファッションなんて自分が満足せずには成り立たないですからね。

 




おすすめ記事

関連記事

By: Håvar og Solveig

今日捨てたもの 8/31 体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

fallleaves

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

レースアップサンダルのコーディネイトを再考する。

By: Maegan Tintari[/caption] お気に入りなのに使っていないアイテ

記事を読む

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

fashionitem

少ないアイテムをおしゃれに着こなしたい人におススメの本。

ミニマリスト志向の女性にとって、最も有効な断捨離方法は「洋服を減らすこと」です。 しか

記事を読む

ギョサン デニム

ギョサンの季節になりました。

By: Basheer Tome[/caption] さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

mikli

40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

サングラスが好きです。 「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

記事を読む

horn

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう

記事を読む

Dr.Martens チェルシーブーツ

手持ちの服を活かす買い物方法を改めて。

先日新しい靴を購入したので新たな冬のコーディネイトにあれこれチャレンジできて楽しいです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え
キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒

gray's papaya
ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立
キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしば

code1
少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑