airCloset(エアークローゼット)で持たずに楽しむファッション生活。

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 ファッション

以前、たった数回しか使えない特別な席の衣装はレンタルでいいのでは、という記事を書きました。

参考 レンタルドレス、着物、衣装を取り入れる利点とは。

冠婚葬祭にレンタルドレスを利用するケースはかなり定着してきているかもしれませんが、これ、普段着るものにも取り入れられるのでは?

ローンチ前から何かと話題になっていたあのサービス、とうとうスタート!と思いきや…。

どうやらトラブル発生、の模様です。




airclosetは月額制ファッションレンタルサービス

aircloset

6,800円の月額料金を支払えば、プロのスタイリストが個人の好みに応じた洋服を自宅に届けてくれるサービス、「airCloset(エアークローゼット)」。いよいよ本格始動開始となったのですが、アクセス殺到につきシステムが対応できず、未だ新規登録ができない状態になっています。

※追記
2/15から登録可能になっています。今後は公式Facebookページで情報発信されるとのこと。コーディネイト紹介なども期待したいですね。

運営側としてはちょっと残念な幕開けとなってしまいましたが、それだけ月額制の洋服レンタルという新しいサービスへの注目度が高かったということでしょうか。

参考 月額制ファッションレンタルサービス”airCloset”へようこそ!(air closet)

airClosetは、ユーザーのもう一つのクローゼットとして、利用者と新しいファッションとの出会いを応援します。自分のサイズや好みをオンライン上で登録しておけば、プロのスタイリストが選んだ服が専用ボックスで届きます。会員料(月額)を支払うだけで、ボックスを返却するたび何着でもお楽しみいただくことが可能です。本サービスを利用することで、ユーザーはより多くのファッションを楽しむことができる上、気に入った服についてはレンタルだけでなく、自分のモノとして買い取れます。

洋服は一度に3着送られてくるそう。届いた洋服が気に入らなかった場合はすぐに返却すれば、また次の3着が届きます。契約期間の縛りも返却期限も特にないので、例えば

「これは今月一杯使って、来月また新しいものを送ってもらおう」
「今月はあれこれできるだけたくさんのアイテムを楽しんで、来月はお休みかな」

なんてこともできるようです。
送られてきた洋服に関する感想をフィードバックすることで、どんどん好みに合わせた洋服が届く精度が高まってくるという仕組みがあるのもいいですね。

洋服はたくさんあるのに、着るものがない

「ちょっと待って着る服がなくて…」、と言う妻の目の前にはたくさんの服が。airClosetを実現しようと思った背景には、どの家庭でも見られるこうしたシーンがありました。色々な服を見て、着て、楽しんで、その人にあったものに出会うにためには時間がかかります。一方で、働く女性や子育て中の女性にはなかなかその時間が持てません。だから、時間をかけずに、シンプルに新しい服にたくさん出会うサービスがあると良いと考えました。

たくさん服があるのに何を着ればいいかわからない。
これは今まで着ていた服がなんだかしっくりこなくなる40代の多くが抱えている悩みではないでしょうか。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

今までは自分の好みで選べばさほど外すことはなかったのに、最近は何をどうあわせればいいのかわからない…。そんなコーディネイト迷路に迷い込んでしまった時に、自分では選ばない、出会わないであろうアイテムが送られてくるのはちょっと楽しい冒険かもしれません。

もちろん買い物に行った先で店員さんにアドバイスをもらうという方法もありますが、売上げとは無関係にきちんとアドバイスしてもらうのはやっぱり難しいもの。その点、このサービスは「月額制」で既に支払い済みなので、遠慮なくあれこれ試せるので気楽ですよね。

スタイリストをシェアできるのがポイント

このサービスは一見たくさんの洋服をレンタルできるだけに見えますが、実はプロのスタイリストをユーザーみんなでシェアできるのも大きなメリット。
最近ではパーソナルスタイリストとして活動しているプロの方も珍しくなくなりましたが、個人がファッションカウンセリングを受けるのはまだまだややハードル高め。airclosetはパーソナルスタイリストではありませんが、プロのコーディネイトを格安で楽しめるサービスであるとも言えます。

これ、本当に自分好みの上質なスタイリングを提供してもらえるとしたら、かなり楽しいかもしれないなあ。

現時点では「プロのスタイリスト」がどんな方なのか公表されておらず、またサイトに使われているビジュアルがあまりおしゃれではない(失礼)のが少々残念ですが、このあたりは正式オープン後に明らかになっていくのでしょう。

洋服選びに失敗が多く「クローゼットのこやし」を増やしがち、毎月洋服を買いすぎてしまう、新しいテイストのファッションと出会いたい…そんな方はチャレンジする価値がありそうですよ。

当面は女性専用サービスとのことですが、これ、きっと男性用もウケそうですよね。いつもおしゃれでいたいけど、自分であれこれ選ぶのは面倒で…なんて男性、多そうだもの。

 




関連記事

fashionmodel

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

By: Xavier

プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

By: Elvert Barnes[/caption] 本当に必要なものだけを所有して大切に

記事を読む

By: gags9999

嫌な中にも好きなことを見つける理由。

By: Thomas8047[/caption] 今日から12月。 本格的に寒くなってきた

記事を読む

By: Nimrod Zaphnath

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

travelbag

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

By: Donnie Ray Jones

洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

By: Anthony Easton[/caption] 20代の頃、当時よく通っていたセレ

記事を読む

black-coat

今年風の着こなし、今っぽいシルエットの是非。

すっかり春らしい気候になりました。 といっても陽が落ちればぐっと気温が下がるのが今の季

記事を読む

By: Matthias Mueller

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプ

記事を読む

By: Luis Villa del Campo

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

By: Ted Sullivan

遅刻をしても服に迷う女でいたい。

By: Ted Sullivan[/caption] 「会社に遅刻しても服に迷う女でいたい」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

キャベツ入り卵焼き献立
キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばか

closet-hanger
クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。

トマトと卵の炒めもの献立
トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。

mabolo
数字が示す真実と、理解しない適当さ。

体感としてなんとなく予想はついていても、実際の数値を示されると

たらと新じゃがの塩煮
たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮に

→もっと見る

PAGE TOP ↑