「 旅人への道 」 一覧

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れているのでなんだか結構わたわたしています。 普段一人でのんびり生活しているものだから1日を通してす

続きを見る

英語ができない、海外一人旅は無理なのか。

By: Mark Hillary[/caption] 旅先でトラブルがあった時のことを考えてみんな最低限の英語を身につけようと考えるんだろうな。 などと呑気に書いた出発前。 関連

続きを見る

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさほど明るくないのは地元で暮らしていた頃には一人で酒を飲みに行く習慣がなかったからだと思われます。

続きを見る

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。 結果・乗れませんでした。 乗れなかったどころかなん

続きを見る

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに最適なツールがリリースされたので試してみることにしました。 それは電子書籍定額読み放題。

続きを見る

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったのであれこれ思案した末に関空から出国、帰国は成田という変則パターンを選択。いつものように格安航空券比較

続きを見る

須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

2016/08/05 | 旅人への道

そもそも観光地的なところへはあまり足を運ばない性質なのですが、それが慣れ親しんだエリアでの滞在となるとさらに拍車がかかります。 と言っても、冬には酒蔵巡りなんぞをしておりましたが。

続きを見る

最小限の旅の持ち物 旅に持参するスキンケア ’16。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を!とブログで書き続けて早2年。 女性の場合は洋服とメイク道具の圧縮が荷物最小化の鍵になるわけで

続きを見る

遺伝子レベルで太陽を欲している。

By: xanday[/caption] 両親宅を訪問するとそこには知らない外国人がいた。 いや、知らない外国人風男性と化した父親がいた、が正しい。 というか、かつては知らない外国

続きを見る

旅の準備はコーディネイト作りから始める。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い続けて数十年。 それでも最近はさすがに慣れてきたのか、あまり苦じゃなくなってきました。

続きを見る

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立
キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしば

code1
少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 フ

京都散歩2017
生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。

NY ホテルエジソン
ニューヨーク タイムズスクエア近くどこへ行くにも便利なホテル。

今回のニューヨークの旅は珍しく航空券とホテルがセットになったパ

newbag
整理整頓が下手な人間が旅するための整理整頓。

昨年中に手に入れたものでこれはよかったなあとしみじみ感じるもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑