「 食べること 」 一覧

鶏もも肉と白菜のうま煮、えのきの味噌汁献立。

うま煮。 もうネーミングがずるい。「うま」って言っちゃってるもんね。出落ち。 クタッと柔らかく煮た白菜のうまさはまさしく冬のごちそう的嬉しさ。しっかりとした甘みの中に感じるふとした

続きを見る

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっても分量は中サイズのタッパ1個分なので全然大したことないのですが、普段あまり作りおきをしない我が家に

続きを見る

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立。

少し前に同じような料理を食べましたが今日は潔くにんじんオンリーで。ちょっとね、惜しかったんですよ。美味しかっただけに惜しかった。 普段作る料理は工程がシンプルで使う調味料も少ないゆえに食

続きを見る

晩酌献立 焼き厚揚げ、白菜のサラダ。

先日油揚げの魅力について熱く語りましたが同様に厚揚げも大好きです。豆腐周りはヘルシー志向の味方的存在ではありますが別に糖質とか栄養素とか抜きにしても単純に味が好きなのです。 厚揚げも煮た

続きを見る

手羽元と大根のしょうが煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立

寒くなってから妙に味噌汁率が上がっております。 味噌汁の具は各家庭によってさまざまでまさに無限の広がりを見せる小宇宙なわけですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。 今日の味噌汁は白菜

続きを見る

白菜重ね蒸し、炒め大根のスープで家飲み。

白菜が安く出ていました本当にありがとうございます。 いや、安いといってもこの時期の激安価格ではなくここのところの高騰を考えればの話なんだけど、500円とか言われるとさすがに手が出ないしね

続きを見る

手羽元と大根のバター煮、柿と三つ葉の白和え献立。

バター煮、なんという魅惑的な響きなのでしょう。 と言いつつ煮ていないのですが。 幼少の頃の愛読書「暮しの手帖」内のレシピ表記はバターではなくてバタとなっていておいおいバターよりバタ

続きを見る

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関するレポート記事を見かけました。確か西の方は食に関する写真をUPする人が多いとかそんなデータがあったよ

続きを見る

尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになって出るのを見かける鮪の尾の身。結構豪快な見た目だし一人暮らしの食卓には縁のない食材だと思っていた、と

続きを見る

きつね葱味噌焼き、小松菜のオイル蒸し献立。

先日テレビでつくりおきダイエット云々というのをやっていました。 最近妙に人気があるらしいつくりおきおかず、忙しい中での家事時短テクニックとして重宝されているのかと思いきや、ダイエット法と

続きを見る

By: Anthony Easton
シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パ

生ひじきの卵焼き
生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵

By: Alejandro  Pinto
突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近

鶏団子豆腐
鶏団子豆腐、焼き大根献立。

鶏団子豆腐。毎度おなじみ鶏豆腐の団子バージョンといったところで

suginami_42
子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

80に手が届こうかという親が入院となるとドキリとするものではな

→もっと見る

PAGE TOP ↑