「 食べること 」 一覧

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー、本日和歌山で近畿地方制覇です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 毎日ずらりと瓶を並べて飲

続きを見る

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫してアッシパルマンティエと表記し続けていますがなんのことはない、じゃがいもとひき肉のグラタンのことで

続きを見る

玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りましたが、作った、というほどの料理でもないのであっという間に準備が整いました。まあ毎日そんな感じですけども。 1週間分のおかずをま

続きを見る

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じがしますが、購入したのはお頭のみ。つまり鯛のあらです。 甘辛く煮付けるか、それともあっさり潮汁で

続きを見る

スペアリブと大根の塩煮、キャベツと揚げ玉の味噌汁で家飲み。

スペアリブ。ここでは初登場ではないでしょうか。 スペアリブというとイメージ的にはなんらかのやや甘めのタレでマリネしたものをオーブンで焼いた料理が思い浮かびます。ベタベタしてちょっと食べに

続きを見る

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね? とは、住まいは大阪城でおなじみの上沼恵美子氏の弁。 料理に自信がない人がそうなのかはわかりま

続きを見る

鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌で晩酌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに鎮座しておりました。 春だねえ、寒いけど。雪降るとか降らないとかいってるけど、春だねえ。

続きを見る

たぬき豆腐の卵とじ、なめことわかめの味噌汁献立。

またてんぷら屋さんで揚げ玉をもらいました。 関連 たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立で家飲み。 今回もたぬき豆腐ですが、豚肉アウトで卵インの卵とじバージョンに。 揚げ玉はち

続きを見る

わかめ炒め、なめこおろし献立。

生わかめを油で炒めたものが好きでよく作るのですが、毎度わかめを準備している時に 「これは多すぎるだろう」 とビビって量を減らしてしまい、結果ああもう少し食べたかったなと後悔すること

続きを見る

さつまいも入りチキングラタン、ロマネスコサラダで赤ワイン。

本日も駆け込み冬メニューです。って最近そればっかりですね。 3月に入ったというのに全然陽気は来てくれませんが、そっちがその気ならギリギリまで冬っぽい家飲みをするまでだ。 ということ

続きを見る

closet-hanger
クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。

トマトと卵の炒めもの献立
トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。

mabolo
数字が示す真実と、理解しない適当さ。

体感としてなんとなく予想はついていても、実際の数値を示されると

たらと新じゃがの塩煮
たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮に

akabane57
過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく

→もっと見る

PAGE TOP ↑