「 食べること 」 一覧

わかめ炒め、なめこおろし献立。

生わかめを油で炒めたものが好きでよく作るのですが、毎度わかめを準備している時に 「これは多すぎるだろう」 とビビって量を減らしてしまい、結果ああもう少し食べたかったなと後悔すること

続きを見る

さつまいも入りチキングラタン、ロマネスコサラダで赤ワイン。

本日も駆け込み冬メニューです。って最近そればっかりですね。 3月に入ったというのに全然陽気は来てくれませんが、そっちがその気ならギリギリまで冬っぽい家飲みをするまでだ。 ということ

続きを見る

きつね納豆、豚汁で家飲み。

冬の終わりを祝しての駆け込み汁飲みシリーズ、本日は豚汁です。 駆け込み汁飲みといっても豚汁は冬限定の料理であるイメージはあまりないですね。具沢山の汁物として年がら年中重宝されている味噌汁

続きを見る

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘辛味の煮ものにしてみました。 こういう里芋の煮ころがし系、ものすごく久しぶりに食べた気がするな

続きを見る

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌。

最近ごぼうを食べてなかったなあ。 ごぼう、好きなんだけどキャベツやら白菜やら大根やらと比較すると圧倒的に出番少なし。はて、前に使ったのはいつだったかしらと調べてみたらなんと2016年は一

続きを見る

豚肉ともやし蒸し、里芋のクリームチーズ和え献立。

もやしワシワシいきたい熱発症につき、もやし蒸し。 もやしって給料日前の救世主的として広く崇められていますが、普通に美味しくて好きです。たまに山盛りのもやしをむしゃむしゃ頬張りたい衝動にか

続きを見る

奈良の酒 春鹿 純米超辛口で晩酌 豚肉の味噌漬け焼き献立。

順調です。 愛知県が埋まった後はすいすい進んで行きそうな日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 再び近畿地方に戻って今回は奈良。奈良は日本酒発祥の地ですからね、心し

続きを見る

きくらげと卵のしょうゆ炒め、うるいとツナの和えもの献立。

ここ数年できくらげと親密になりました。 昔は殆ど使ったことがなかったきくらげ、乾物で賞味期限にナーバスにならずに済むし、つまみ作りに重宝すると気づいてあらあら出来る子じゃないのとその実力

続きを見る

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイルのこと。水分をつまみに水分を飲むとは何事?という感じですが、これが結構イケる。 この冬は味噌汁

続きを見る

ちぢみほうれん草オイル蒸し、椎茸のホイル焼き献立。

ちぢみほうれん草、初登場かもしれません。 ほうれん草は好きな野菜なのだけど、青菜を使うならエグみが少なくより扱いやすい小松菜を選ぶことが多いのです。あとはタアサイなんてのも使い勝手はよい

続きを見る

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ
蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾

By: Thomas Beck
好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラ

イカとセロリのネギ塩炒め
イカとセロリのネギ塩炒め、小松菜とにんじんのオイル蒸し。

イカとセロリの組み合わせといえば中華和えを作ることが多いです。

daikanyama32
貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり
和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北か

→もっと見る

PAGE TOP ↑